新潟医療福祉大の笠原祥太郎投手、漆原大晟投手が完封リレー、筑波大は148キロ右腕が誕生

大道寺拓, 新潟医療福祉大, 漆原大晟, 笠原祥太郎, 筑波大

各地の大学リーグも続々と開幕をしている。関甲新大学リーグでは、1部に昇格した新潟医療福祉大が、4年生の146キロ左腕・笠原祥太郎投手と2年生の149キロ右腕・漆原大晟投手の完封リレーで山梨学院大に2-0で勝利した。

楽しみな投手

新潟医療福祉大の笠原祥太郎投手は、177cm82kgの左腕投手で球速は146キロを記録する。今年の隠し玉左腕候補として期待をしている。また2年生の漆原大晟投手は大学1年で149キロを記録し、先発すると二ケタ奪三振も多く、再来年のドラフト上位候補も期待される。

この日は笠原投手が先発し、漆原投手がリリーフして完封で勝利した。今季の活躍次第で注目されていくだろう。

また筑波大はリリーフで登板した3年生の大道寺拓投手が148キロを記録し1回を三者凡退に抑えた。大道寺投手は弘前高校出身で、昨年まで遊撃手でプレーしていたが夏から投手に転向していた。175cm前後と大きくはないものの、この球速と転向して1年もたたずでこの成長は、今後が楽しみ。

 


PAGE TOP