創価大・池田隆英投手にも日米10球団スカウトが視察、9回4安打11奪三振2失点で勝利

創価大, 池田隆英

創価大は2戦目のこの日も、プロが注目する151キロ右腕の池田隆英投手が登板し、日米10球団のスカウトが視察に訪れた。

リーグ戦初勝利!

池田隆英投手はこの日、7回まで1安打に抑える完璧な投球を見せていた。8回以降に2失点したものの、9回4安打11奪三振で2失点に抑え、リーグ戦初勝利を挙げた。昨日登板した田中正義投手と「直球だけでは打たれる」と話しあい、またストレートの制球があまりよくなかった事から、カットボールやフォークボールを中心に投げた。それでもストレートは147キロを記録した。130球を投げて2失点完投勝利、ちなみに昨日の田中正義投手は9回4安打12奪三振3失点だった。

池田投手は高校3年夏に右膝前十字じん帯断裂の大けがを負い、大学に入学して1年間はリハビリ、2年生になってようやくトレーニングができるようになると、その秋の明治神宮大会で151キロを記録し、周囲を驚かせた。

昨年は田中正義投手や小松貴志投手がいた事や、制球が定まらずに登板機会が少なかったが、今年は2戦目の先発としてオープン戦から起用され続けた。実戦経験が少なく今日のように肩のスタミナが課題といえるが、これも経験を積んでいけばペース配分もできるようになるだろう。

 

きれいなフォーム

池田投手は151キロの速球とともに評価されるのがフォームのきれいさ、この日も日米10球団のスカウトが視察に訪れたが、スカウトもあらためて評価している。

巨人・山下スカウト部長:「スピードに頼らない投球ができる。即戦力に近い評価はできる。ゲームが作れる投手」

阪神・中尾スカウト:「フォームと変化球がいい。緩急が使える」

東北楽天・長島スカウト部長:「変化球の精度がいい。ストレートももっと良くなる。資質は上位クラス」

埼玉西武・前田編成部アマ担当部長:「フォームは黒田に似てバランスがいい。大学生では一番上のレベル」

 

これからの投球にもよってくるが、将来性も見越してドラフト2位前後で指名してくる球団があると思う。特に北海道日本ハムは田中正義投手とともに注目をしている。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

創価大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

低めへの制球が光り、フォークなどの変化球で三振の山を築いた。7回までわずか1安打と好投したが、球数が100球を超えた8回以降に失点を許して、「後半の粘りを意識していきたい」と反省も忘れなかった。ネット裏には日米10球団のスカウトが集結して、注目株に熱い視線を注いだ。

この日は最速147キロを計測した直球の精度がいまひとつ。磨いてきたフォークやカットボールを制球よく配した。阪神・中尾スカウトは「フォームと変化球がいい。緩急が使える」と評価した。

巨人の山下哲治スカウト部長は「スピードに頼らない投球ができる。ゲームがつくれる投手」と評価を口にした。


PAGE TOP