専修大、平間凛太郎投手と高橋礼投手の継投で勝利

専修大, 平間凛太郎, 高橋礼

専修大が東洋大に勝利し1勝1敗とした。4年生となった平間凛太郎投手が先発すると、6回途中まで8安打を許しながら、最速146キロの速球を投げ2失点に抑えた。6回途中からは昨日先発で結果を残せなかった高橋礼投手が登板し、失点はしたものの自責点0に抑えた。

平間投手初先発初勝利

平間凛太郎投手は山梨学院大付属時代に188cmから140キロ後半の速球を投げて注目された。しかし専修大では昨年1部に昇格したものの登板がなく、1部では昨日にリリーフして2回1/3を無失点に抑えたのがリーグ戦初登板だった。

そしてこの日は神宮球場で初先発、5回2/3で100球を投げて被安打8とヒットを許した。188cmの大きな体だがテイクバックが大きくぎこちなさを感じさせるフォームで、わずかに曲がるカットボールなどで打たせて取るピッチングだったが、要所で最速146キロの速球で5つの三振を奪い2失点に抑えた。

まだ実績も少ないし投球を見ても今年プロ入りというのは難しいように見える。しかし188cmの右腕という事で、社会人などあちこちから声がかかるのではないかと思わせる。

継投で勝利

6回のピンチでマウンドに上がったのは、昨日先発をしたものの4回途中で6失点し降板した3年生の高橋礼投手だったが、この日も8回に2点を失ったものの自責点は0、3回1/3を投げて1安打1四死球1奪三振という投球だった。

アンダースローから低めの制球もよく、ブレーキのかかる球でバッターのタイミングを外すなど、さすがの投球を見せた。同じような投球でなぜ先発で結果が残せないのかわからないが、リリーフではきっちり仕事をした。

来年にはドラフト上位候補としても名前が挙がるであろうサブマリン投手にも注目を続けたい。

専修大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2番手で2回1/3を投げた1回戦に続く連投。「常に力を入れるのではなく、所々で力を入れた」とメリハリをつけた投球が光った。以前は苦しんでいた制球が、投球時に重心が大きくぶれないように意識したことで安定。「今日の投球は最低限。もっと長いイニングを投げないと」と責任感を口にした。


PAGE TOP