東洋大vs専修大、ドラフト候補たちの活躍に阪神、広島スカウトが評価

山下雅善, 森山恵佑, 阿部健太郎, 鳥居丈寛

東都大学リーグでは東洋大が専修大に6-5で勝利し、1部昇格から初の勝ち点を挙げた。1部では7季ぶりの勝ち点となる。この日は1番の阿部健太郎選手が2本の3ベースなど足を見せた。また専修大もプロ注目の4番・森山恵佑選手がホームランを放ち、共にプロスカウトが評価をした。

東洋大勝利

東洋大は3回に、愛工大名電出身の4年生の5番・鳥居丈寛選手選手が満塁ホームランを放つなど一挙5点を挙げた。鳥居選手は173cmと身長は高くないが80kg以上のしっかりとした体があり長打力がある。逆方向に打てる技術を持っていたが、この日は逆方向への当たりがスタンドに飛び込み、「逆方向は初めて。まさか入るとは思わなかった」と力がついてきたことを話していた。

また1番を打つ今年のドラフト候補・阿部健太郎選手は、3回にノーアウト1,2塁のチャンスでサード前にバントをすると、50m5.9秒の俊足を生かして内野安打をし、鳥居選手の満塁ホームランにつなげた。また阿部選手は、4回と6回にそれぞれ3ベースヒットを放つと、第1打席や四球、8回の打席でも内野ゴロに全力疾走してエラーを誘って出塁するなど、5打席で出塁をする大活躍だった。

この阿部選手について阪神の中尾スカウトは「足は速い。打撃もしっかり振れるようになってきた」と評価をした。阿部選手は俊足遊撃手として、京田陽太選手や吉川尚輝選手、石井一成選手、松田進選手といった遊撃手のドラフト候補たちとプロ入りへの競争を繰り広げそうだ。

東洋大は投手でも東邦高から入部した1年生の山下雅善選手が3番手で登板し、2回1/3をノーヒットに抑える好投を見せた。7回2アウト1,2塁のピンチの場面で東都大学デビューとなったが、右サイドスローから140キロのストレートでピンチを切り抜けると、8回9回も度胸満点の投球で無失点に抑えた。

東邦高校では1年生の藤嶋健人投手が入団してきて、オーバースローからサイドスローに転向した。高校では結局藤嶋投手がエースとなり甲子園でも投げたものの、サイドスローに転向したことが大学でいきなり好投を見せるきっかけとなった。後々、その事が大きな転機になったとプロ野球選手になって藤嶋選手と語り合うかもしれない。

専修大・森山恵佑選手にもプロ評価

一方、敗れた専修大も4番の森山恵佑選手が7回に2ランホームランを放ち、1点差まで追い詰めた。森山選手も逆方向へのホームランで「逆方向に飛ばせるように、冬にやってきたことは正解だった」と話した。

森山選手は星稜高校出身で187cm85kgの左のスラッガーとして注目されている。この日は5打数3安打3打点の活躍を見せ、広島の苑田スカウト部長は「飛ばす力はある」と評価をしていた。

長打力十分の大型スラッガーにプロも注目を続ける。

東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

専修大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

阪神・中尾スカウトは「足は速い。打撃もしっかり振れるようになってきた」と評価した。

1学年下で今春のセンバツにも出場した「バンビ2世」こと藤嶋の入学が決まると「同じタイプでは戦えない」と横手に変えた。「藤嶋の活躍は正直悔しいけど、サイドにするきっかけになった」。3年夏は背番号11で藤嶋が1だった。それでも大学では1年生ながらオープン戦から抑えを任され、結果を残した。「今こんなに使ってもらえて感謝したい」と山下。


PAGE TOP