仙台六大学は東北福祉大、仙台大が好発進

仙台大, 八木彬, 城間竜兵, 岩佐政也, 東北福祉大, 松本桃太郎, 馬場皐輔

昨年のドラフト会議で仙台大・熊原健人投手(横浜DeNAドラフト2位)、東北福祉大・佐藤優投手(中日ドラフト2位)、東北学院大・本田圭佑投手(埼玉西武ドラフト6位)の3エースが熱戦を繰り広げた仙台六大学リーグ、今シーズンも熱い戦いが始まった。

好発進

東北福祉大はやや力が落ちる宮城教育大とのカードで、1戦目は光星学院出身のエース、4年生・城間竜兵投手が5回1安打4奪三振無失点と好投し勝利をすると、2戦目も同じく八戸学院光星の1年生・八木彬投手が先発し4回2安打5奪三振で無失点に抑える好投を見せた。

八木投手は145キロの力のある球を投げ、昨年のドラフト会議でもプロが注目をしていたが進学を決めていた。。この日は「ストライク先行で投げられた。真っすぐで押せました。追い込んだ時に真っすぐが低めに決まったのは、手応えを感じました」と話した。

八木投手は一足早くプロ入りしたチームメイトの呉屋開斗投手や大体大に進んだ中川優投手と「またプロで一緒にやろうと言っている」と話す。まずは八戸学院光星の先輩後輩で3年ぶりの大学選手権出場を目指し、全国の舞台を経験したい。

東北福祉大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

八戸学院光星高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

また仙台大も最速150キロを投げる3年生の馬場皐輔投手が、最速146キロの速球で、東北工大を相手に5回1安打9奪三振で無失点に抑える好投を見せた。1戦目では岩佐政也投手が5回1安打3奪三振無失点で勝利をしている。

岩佐投手は柴田高校、仙台大で熊原健人投手の後輩で、プロ入りした先輩の背中を見ながら投げてきた。球速は130キロ台だがキレのある速球に特徴がある。また馬場投手は仙台育英出身で、熊原投手の強いストレートを見て自分も150キロに到達した。「4年生になった時にそうなれるように、人間性の部分など、しっかり成長していきたい」と話した。

仙台大では今年のドラフト候補スラッガーの松本桃太郎選手もホームランを放ちリーグ通算12号となり、またこの日は2打数2安打2打点と活躍を見せた。全国の舞台でホームランをでアピールをしたい。

仙台大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

柴田高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「最初だったので緊張したけど、先輩方が『思いきって行ってこい!』と声を掛けてくださったり、投げやすい環境を与えてくださった」と感謝。5三振を奪う力投を見せ「ストライク先行で投げられた。真っすぐで押せました。追い込んだ時に真っすぐが低めに決まったのは、手応えを感じました」と振り返った。

仙台大の馬場皐輔投手(3年)=仙台育英=が先発し、5回1安打無失点で今リーグ初勝利を挙げた。

 最速146キロの直球に縦横のスライダー、スプリット、カットボールを織り交ぜ、9三振を奪った。「三振は意識しなかったが、ストライク先行でいけたのは良かった」と振り返った。

2四球で迎えた第3打席に左翼へ今リーグ初安打となる三塁打を放ち「(無安打で)プレッシャーがありましたけど、肩の荷が下りました。『よっしゃ、いける!』と思いました」と松本。続く5回の第4打席でリーグ通算12号を放ち、この日は2打数2安打2打点の大暴れだ。


PAGE TOP