中部学院大・床田寛樹投手に9球団10人スカウト注目

中部学院大, 床田寛樹

東海地区大学リーグの岐阜リーグ戦では、中部学院大の左腕・床田寛樹投手に9球団10人のスカウトが注目した。

146キロ左腕

床田投手は180cmの左腕投手で最速146キロの速球を投げる。4月10日には中京学院大戦に先発し、プロ注目の吉川尚輝選手には3安打を許したもののその他の打者は封じ、9回6安打1失点で完投勝利を挙げた。

この日の最速は143キロだったが中日の清水スカウトは「力感はないのに球は走っているから、打者は差し込まれていた。このまま順調にいけば、ドラフト対象になってくる」と評価すると、広島の松本スカウトも「柔らかく、前でボールを放っていた。切れもいい。十分、ドラフト候補になる」と高い評価を示した。

この冬にインステップしていたフォームを修正してシュート回転していた直球の球質が良くなり、キレで勝負できる投手となった。この日は吉川選手の視察目的もあったと思うが9球団10人のスカウトの前で好投を見せ、プロ入りへ近づく投球になったと思う。

左のリリーフや先発を補強ポイントのしている球団は多い。貴重な即戦力左腕として今後、評価が高まりそうだ。

2016年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-東海地区大学リーグのドラフト候補リスト

中部学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「力感はないのに球は走っているから、打者は差し込まれていた。このまま順調にいけば、ドラフト対象になってくる」と中日・清水スカウト。広島・松本スカウトも「柔らかく、前でボールを放っていた。切れもいい。十分、ドラフト候補になる」とうなった。


PAGE TOP