東洋大・津田翔希選手が3ランホームラン、東洋大が勝ち点2

中央大, 小河諒, 山下雅善, 東洋大, 津田翔希, 鍬原拓也

東都大学リーグでは東洋大が中央大に2連勝し、勝ち点2とした。浦和学院出身で侍ジャパンU18代表でも活躍をしたルーキーの津田翔希選手が8回に勝ち越しの3ランホームランを放った。

ルーキー活躍

津田翔希選手は浦和学院では3年生の春にセンバツに出場し、3番遊撃手として出場し打撃では19打数4安打だったが毎試合ヒットを放ち、守備でも堅実なプレーを見せていた。侍ジャパンU18代表では平沢大河選手や東海大相模の杉崎成輝選手などがいたが、2番セカンドのレギュラーになると、決勝のアメリカ戦では唯一の得点となる打点を挙げ、チャンスに強く粘り強い打撃を見せていた。

東洋大に進学し、高橋監督は「最初は飛ばない、引っ張れないと思っていた」と、大学生の壁を感じていたが、背番号5で1年生の春から6番セカンドで試合に出場すると、この日は8回にスライダーを振りぬき、神宮球場のレフトスタンドにホームラン、貴重な勝ち越しの3ランホームランとなった。

この日は4打数2安打4打点を記録、専修大との2戦目でも3打数2安打を記録しており、チームに欠かせない戦力になり始めている。守備と打撃で成長をして、プロの世界で平沢大河選手やオコエ瑠偉選手などU18メンバーと一緒にプレーする姿を期待したい。

東洋大は笹川晃平選手は3打数1安打、阿部健太郎選手は3打数ノーヒット、5番手で登板したこちらも1年生の山下雅善投手が2回2/3を投げて1安打3奪三振無失点に抑え、こちらも1年生でリーグ初勝利となった。

山下選手は東邦高校時代に1年生に藤嶋健人選手が入学してきて、同じ右のオーバースローではかなわないとサイドスローにフォームを変えた。先日の専修大のカードでも2回1/3をノーヒットに抑えている。140キロサイドスローの今後の成長も楽しみだ。

 

小河諒選手2安打

敗れた中央大は5番サードの小河諒選手が3打数3安打1打点を記録。桐蔭学園出身の4年生で、東京ヤクルトの畠山選手と山田哲人選手を足したような迫力のあるスイングを見せるが、右方向にもヒットを放つ柔らかさもある。

また3年生の鍬原拓也投手は5番手で9回1イニングを任され、ノーヒット2奪三振ピッチング。常時140キロを超す速球と抜いた球で三振を奪った。来年のドラフト候補として成長を期待したい選手。

東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2019年度-大学生のドラフト候補リスト

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「最初は飛ばない、引っ張れないと思っていたけど、やっぱりやるね。今岡(元阪神など、東洋大で通算100安打)以来、ウチのバッターで100本が狙えるんじゃないか」と高橋監督。

浦和学院時代は通算7本塁打も、3年春の関東大会では東海大相模・小笠原(現中日)からソロを放つなど勝負強い打撃が持ち味。昨夏U―18高校日本代表では関東第一・オコエ(現楽天)らとともに主力として準優勝に貢献し「自信になった」。大学では開幕戦で代打デビューし、2戦目で先発の座をつかんだ。


PAGE TOP