日大・京田陽太選手がタイムリー内野安打、阪神スカウトが足を絶賛

京田陽太, 日本大

日大vs専大の試合は、日大が勝利した。いつもは3番を打つ京田選手が4番に入ると、初回にノーアウト満塁のチャンスが回り、そこで京田選手は自慢の足を見せた。

俊足を評価

ショート前に転がった打球に京田選手は50m5.9秒の足で一塁に駆け抜ける。慌てた遊撃手は捕ってすぐに投げようとしたが、間に合わず、ボールを前に弾き、内野安打となった。捕っていても間に合わないタイミングなのは間違いなかった。

京田選手は7回にもセカンドへのゴロを打ったが、こちらは定位置よりセカンドベース寄りだったものの、打球もそこそこ勢いがあり普通にアウトとみられたが、ファーストにヘッドスライディングをして内野安打にして見せた。このヒットは圧巻だった。

この足に阪神の吉野スカウトは「あれだけの身長であんなに走れるショートはいない」と絶賛した。

内野安打2本で7球団15人のスカウトにアピールした。この試合で19打数6安打4打点とし打率も徐々に上向いてきた。そしてスカウトの評価も上昇しているようだ。

2016年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

日本大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

京田自慢の俊足、阪神スカウト絶賛 デイリースポーツ紙面 2016/4/22

 


PAGE TOP