立教大・田中和基選手がリーグ通算7号、左右打席でホームラン

田中和基, 立教大

またスイッチヒッターとなった田中和基選手が右打席でホームランを放ち、リーグ通算で左右両打席でホームランを記録した。

左右打席でホームラン

立教大の田中和基選手はこの日、5番ライトで出場すると、6回の第3打席に初球を思い切り振りぬき、左中間スタンドの中段に突きさす特大のホームランを放った。

田中選手はもともとスイッチヒッターで、大学2年春までは左投手の時には右打席に入っていた。しかし、50m5.8秒の足があり、それを生かすために昨年は左打席に入り続けた。昨年秋は規定打席には達していないが4本塁打を記録、打率も.353を残している。リーグ戦では左打席で6本塁打、足もパワーもある外野手としてプロも注目していた。

この日は右打席で、早稲田大の大竹耕太郎投手からの特大の一発に「右で大きいのを打てば、他大に対しても、上で野球をやる上でも大きなアピールになる。」と話し「今日は絶対ホームランを打ちたかった」と話した。

プロスカウトも評価

この日は2安打を記録しここまで4試合で15打数7安打、三塁打1本にホームランも1本記録、この日視察した広島の苑田スカウト部長も「右でも本塁打を打てたのは好材料。足にも注目したい」と評価をした。プロのスカウトからも名前が聞かれる。

遠投も125mと強力な肩もある田中選手、プロが最終的にどのように評価をするのか楽しみな選手。

2016年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

立大・田中和、現役1位7号 日刊スポーツ紙面 2016/4/24

 


PAGE TOP