立教大・田村伊知郎投手が149キロ5安打完封、阪神・和田SDが評価

田村伊知郎, 立教大

東京六大学リーグでは立教大の田村伊知郎投手が、早稲田大を5安打に抑えて完封した。報徳学園時代の投球の映像を見直して、伸びのある投球がよみがえった。

報徳学園時の気持ちを思い出し

この日の田村投手は自己最速の150キロに迫る149キロを記録、イニングが進むにつれて球威が増し、またバントの小フライを飛び込んでダイビングキャッチ、そのまま飛び出したランナーを刺して併殺を奪うなど、フィールディングでも気迫を見せていた。

田村投手は報徳学園時代に1年生の夏に甲子園に出場し、最速147キロの速球を武器にベスト4まで勝ち上がる活躍を見せていた。当然プロも注目したが、その後は成績を残せずに立教大に進学をした。

大学でも1年春に6試合に登板、リリーフとして力をみせるもその後は、同学年の沢田圭佑投手の台頭もあり、また腰椎分離症で苦しみ登板機会も少ない状態が続いていた。3年生春になり2戦目の先発を任され始めたものの1勝2敗、秋も1勝2敗と結果が残せずに4年生の年を迎えた。

今シーズンも先日の法政大戦では4回2/3を投げて8安打4失点で降板していた。そこで田村投手は報徳学園1年生の時の映像を繰り返し見て「あの時の気持ちを思い起こした」としてこの日に臨み、大学に入って最高と言ってもよいピッチングを見せた。

プロ志望

田村投手は高校時代からプロ野球への想い示している。この日も試合後に「チームが勝つ投球をしてプロに行きたい」と話した。

この日視察した阪神の和田SAは「フィールディングもうまい」と評価した。

プロへの想いを土台にして今シーズンでこれからどんな投球をみせていくか、そしてその思いがプロに通じるか。田村投手の挑戦が続く。

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

最速149キロの直球を軸に完封勝利。援護は1点だけだったが、この日の田村には十分だった。「むちゃくちゃうれしいです!!」。

前回18日の法大戦で5回途中4失点KO。「今日ダメなら、先発から外れる」と自らを追い込み、自己最速にあと1キロと迫る149キロを計測した。報徳学園(兵庫)では1年夏から甲子園のマウンドを踏み、注目を浴びた。しかし、度重なる故障に泣き、大学でも腰椎分離症に悩まされた。それでも今年3月に自己最速の150キロをマーク。プロ入りを希望しているが「まずはチームの勝ちを追い求めたい」と副将らしく決意を口にした。


PAGE TOP