法政大・熊谷拓也投手が149キロ記録、加藤拓也vs宮台康平のドラフト候補対決も

加藤拓也, 宮台康平, 熊谷拓也

東京六大学リーグは早稲田大が法政大に、慶応大が東京大に勝利した。法政大はリリーフで登板した熊谷拓也投手が149キロを記録し2回をパーフェクトに抑えた。

2回パーフェクト

熊谷拓也投手は平塚学園出身の3年生右腕投手で、しなやかなフォームから144キロの速球を投げる好投手として注目されていた。法政大に進学すると2年生春に2戦目の先発として5試合に登板し3勝1敗を挙げたが、秋は2勝4敗に終わっていた。

3年生となった今年は1回戦の先発を任されチームのエースとして期待されたものの、慶大戦、立大戦で5回を持たずにKOされ降板していた。そしてこの日の早大戦は先発を玉熊将一投手に譲った。それでも熊谷投手は8回に登板をすると、常時145キロを超す速球を見せ最速は149キロを記録、得意の変化球も冴え、2回を0安打3奪三振でパーフェクトに抑える見事なピッチングを見せた。

「149キロ出たということは、自信と言ったらおかしいですけど、まだまだこれから伸ばさなくてはならないこと。ストレートはピッチャーの永遠の課題なので追求していきたい」と話した。監督やチームから発破をかけられたのだろうか、これまでに見られないような力強い投球を見せ、来年のドラフトに向けて印象を変える投球になった。

加藤拓也投手vs宮台康平投手

一方、東大vs慶大の試合は、今年のドラフト1位候補の慶大・加藤拓也投手と、来年のドラフト候補、東大の宮台康平投手が先発した。

加藤投手は東大打線に9安打を許したものの要所を抑えて1失点に抑えて勝利した。今季は変化球を中心に球速を抑え打たせてとる投球をしているものの、右手中指のマメをつぶしながら完投し、この日も140球を費やした。

先週は明大とのカードで1回戦で155球、3回戦で157球を投げており、体の動きがやや重い感じだった。しかし3週連続の登板となったものの、今週の東大戦のあとは1週空いて立教大戦、再び1週を空けて早慶戦となる。この間を利用して疲労からの回復をし、立大戦、そして早慶戦に臨んでほしい。

一方、東大の宮台康平投手は5回までは2失点だったものの6回に3点を失い降板した。「そんなに疲労は感じていない」と話したものの、球の力ではなくキレとフォームのバランスで勝負する投手だけに、少しの疲労と微妙な変化で、相手に攻略されてしまう所はある。「キレと制球をもう一度見直して、通用する球にしたい」と宮台投手は話した。

2016年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

2017年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP