東海大、創価大が優勝絶望、ドラフト1位候補投手が活躍できず

丸山泰資, 佐々木千隼, 小野泰己, 岩本喜照, 池田隆英, 生田目翼, 田中正義, 畠世周, 高良一輝, 黒木優太

首都大学リーグは東海大が帝京大に敗れ、優勝が消滅した。

東海大・丸山泰資投手

首都大学野球リーグの優勝争いは、7勝2敗で勝ち点3の日体大と、6勝2敗で勝ち点2の筑波大の2校に絞られた。東海大は帝京大1回戦でも、エースとして期待された151キロ右腕・丸山泰資投手が4回2/3で6安打3失点でKOされた。

丸山投手は昨年春は完全試合を達成するなど注目をされ、今年もプロの複数球団からドラフト上位候補に名前が挙げられていた。しかし今季は不調が続き、これで大学野球選手権の出場も消滅し、プロにアピールできる舞台に出場することができなかった。各球団のドラフト候補選手のランク付けでも、後退する事は避けられないとみられる。

そして交代するように評価が挙がった桜美林大の佐々木千隼投手はこの日も城西大を2安打完封した。こちらはドラフト上位指名の可能性が徐々に高まってきている。しかし今季の優勝の可能性は無くなり、大学野球選手権には出場できない。

創価大・田中正義投手、流通経済大・生田目翼投手

東京新リーグの創価大は昨日、エースの田中正義投手が春は登板しないことが明らかになり、岸監督は田中投手抜きでリーグ戦制覇を選手に呼びかけていたが、この日の東京国際大戦でも敗れて勝ち点を落とした。

創価大は田中投手以外にも151キロ右腕の池田隆英投手と146キロ右腕の秋元秀明投手がいるが、1回戦は池田投手が、2回戦は秋元投手が敗戦投手となった。リーグ戦は東京国際大が勝ち点3を挙げ、共栄大はこの日の流通経済大戦で勝利し1勝1敗とした。現在勝ち点2で、今日勝ち点を挙げれば東京国際大と並ぶ。

流通経済大の生田目翼投手もリーグ戦終盤の登板で調整をしているというが、まだ情報がない。リーグ開幕前は多いに注目されたドラフト候補の4年生投手たちが、まさかの総崩れとなった。

その他の大学生ドラフト候補投手たち

近畿大の150キロ右腕・畠世周投手も注目されたが、序盤に調子が上がらずにチームもここまで1勝5敗と低迷しており、優勝の可能性はほぼなくなった。先日、畠投手が10回を無失点に抑える好投を見せ復調の気配を見せているが、大学野球選手権で見ることはできない。

富士大の小野泰己投手もオープン戦から調子が悪く、先日のリーグ戦の登板でも序盤に崩れた。リーグ戦はまだ序盤戦だが、小野投手の調子の悪さが大きく、この春の復調は難しいかもしれない。

九州産業大の高良一輝投手と九共大の岩本喜照投手も故障のため出遅れている。それでも両チームとも戦力が厚く優勝争いを繰り広げており、大学野球選手権で姿を見られるかもしれない。

昨年から注目されていた投手たちが調子が良くない中で、桜美林大の佐々木投手や立正大の黒木優太投手などの評価が挙がっている。もちろん急激に評価が下がることはないものの、各球団のスカウトたちのランク付けでは、順位の入れ替えは発生する事になるだろう。

田中正義投手は変わらないととして、慶大・加藤拓也投手、明大・柳裕也投手、そしてその次に誰が入ってくるのか注目される。

2016年度-大学生投手のドラフト候補リスト

2016年大学生ドラフト番付 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP