白鴎大・中塚駿太投手が150キロ連発も敗戦、西武スカウトが高い評価

中塚駿太, 白鴎大

関甲新大学リーグは上武大vs白鴎大の試合で、2回途中から白鴎大の157キロ右腕・中塚駿太投手が登板した。

悪い状態

中塚駿太投手は191cm103kgの体から最速157キロを記録するものの制球力が課題の右腕だったが、先日の試合で先発でリーグ戦初勝利を挙げ、一皮むけたかにも見えた。しかし、この日は2回途中から登板したがものの1回2/3を投げ2安打2失点と、これまでと同じような状態で失点した。中塚投手も「力任せにぶん投げてしまった」と話した。

それでも150キロを連発する投球に視察した埼玉西武の前田編成部アマ担当部長は「未知数なのが魅力。ここまで投げられる選手はいない」と話し、「球団によっては上位指名もあるかも」と話した。

フォームもキレイでなぜここまで制球を乱すのか分からない部分が不安ではあるが、その課題を克服できれば常時150キロを投げる驚異的な投手になる可能性もある。治せると判断した球団は早い順位で指名するかもしれない。同じように153キロを投げるものの制球の課題があり実績をそれほど残せていないJR東日本の進藤拓也投手と、この中塚投手の指名が、今年のドラフトの注目ポイントの一つとなる。

白鴎大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

視察した西武・前田編成部アマ担当部長は「未知数なのが魅力。ここまで(の球速で)投げられる選手はいない。球団によっては上位指名もあるかも」と評価した。


PAGE TOP