東海大北海道が優勝、147キロ右腕・水野滉也投手が神宮へ

東海大北海道, 水野滉也

北海道の2連盟で優勝が決定し、大学野球選手権出場を決めた。東海大北海道の水野滉也投手は147キロの速球と鋭いスライダーを投げ、プロも注目している。

5勝0敗、防御率0.21

この日の北海学園大戦にも先発した水野滉也投手は、3回に先制点を与えたものの、その後は140キロ台中盤の速球と鋭いスライダーを駆使し、9回を投げて5安打1失点に抑え、4-1で勝利してリーグ優勝を決めた。

水野選手は175cm69kgという細い体だが、最速147キロの速球とやや横の腕の振りから投げられる鋭いスライダーが特徴で、今シーズンは6試合に登板し5勝0敗、防御率0.21でMVPに輝いた。

昨年も大学野球選手権に出場している東海大北海道、初戦の立命館大戦ではエースの山根大幸投手が桜井俊貴投手(巨人ドラフト1位)に投げ勝ち勝利をしたものの、続く早稲田大戦では水野投手が先発したものの3回途中まで5安打5失点で降板する苦い経験をしている。しかしそこからチームは成長し、140キロを超す球を投げる投手が5人になるなど投打に選手層が厚くなった。

水野投手には北海道日本ハムなどプロも注目している。大学野球選手権に楽しみなドラフト候補が登場する。

東農大北海道も出場決定

また北海道学生野球連盟では東農大北海道オホーツクが優勝し大学野球選手権出場を決めた。昨年は井口和朋投手、一昨年は風張蓮投手など、毎年のようにプロ野球に選手を送り出すチームだが、今年は特に注目されている選手はいない。

しかしそれによってチームは結束し、この日もプロ注目の函館大・吉田雅貴投手に2-1で競り勝ち優勝を決めた。吉田投手の函館大は全国の舞台には手が届かなかった。

東海大北海道は初戦で環太平洋大と、東農大北海道は東北福祉大と対戦する。

第65回(2016年)全日本大学野球選手権の注目選手一覧! | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

東海大北海道キャンパスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東農大北海道オホーツクのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

MAX147キロ右腕がこ日も好投。切れのある直球を低めに集め、5安打1失点。3回に1点先行されたが、その裏、打線が奮起。2死二塁から3連打で逆転し水野を楽にした。水野はリーグ戦6試合に登板し5勝無敗。防御率0・21で文句なしのMVPに輝いた。


PAGE TOP