中央学院大2年・石井聖太投手が2安打14奪三振完封、早くもプロスカウト絶賛

中央学院大, 石井聖太

中央学院大の2年生・石井聖太投手がベールを脱いだ。大学野球選手権1回戦の第一工業大を相手に9回をわずか2安打に抑え、14個の三振を奪って完封した。

急成長右腕

石井聖太投手は中央学院高校出身で、高校時代は130キロ中盤から後半を投げる投手だった。大学1年時も142キロでリリーフで登板するなど期待をされると、オフにウエイトトレーニングを取り入れたところ、この春に最速149キロを記録し3勝(3完封)1敗、防御率0.95という圧巻の成績を残した。

そして迎えた全国大会、石井投手はいきなり147キロを記録すると、角度のあるストレートはわかっていても打てない球筋で、また鋭く曲がるスライダーやカーブなど多彩な変化球も見せ、相手打者を見下ろす圧巻の投球を披露した。8回1アウトまでパーフェクトピッチングを続け、ヒットを許したものの9回2安打14奪三振完封、衝撃のデビューとなった。

プロスカウト早くも絶賛

この石井投手の投球に、埼玉西武の渡辺久信SDは「バネがあるし、球の質がいい。2年後が楽しみ」と話すと、オリックス・牧田勝吾スカウトも「正直びっくり。分かっていても打てない直球を投げられる」と話した。

石井投手は「将来はプロに行きたい。この大会で150キロを出す」と話した。2年後のドラフトは目玉クラスになっていると思う。素晴らしい投手だった。

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

全日本大学野球選手権1日目の対戦カードと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

西武・渡辺久信SDは「バネがあるし、球の質がいい。2年後が楽しみ」と評価。オリックス・牧田勝吾スカウトは「分かっていても打てない直球を投げられる」と目を丸くした。前回出場した10年時のエースだったヤクルト・秋吉も観戦。「僕も全日本の初戦で2安打完封したので、当時を思い出した。凄い投手ですね」と口にした。


PAGE TOP