富士大・小野泰己投手は150キロ記録も6回2失点降板、横浜DeNA、中日、千葉ロッテが評価

富士大, 小野泰己

富士大のドラフト上位候補投手・小野泰己投手が京産大戦に先発したが初回にいきなり2失点、しかしその後は150キロを記録した速球と力で押し込む投球を見せた。

手ごたえも

小野投手は初回、2つの四球と2本にヒットを絡められていきなり2失点する。しかし2回以降は立ち直ると球速も150キロを記録、140キロ中盤の速球を投げ込み5回までの4イニングはノーヒットに抑えた。しかし6回に再び2本のヒットをゆるし、そこで降板となった。

小野投手は「初回はコースを狙いすぎたので、ストライクゾーンで勝負した」と話し、立ち直りのきっかけについて語った。小野投手はリーグ戦は絶不調だったが、優勝のかかったプレーオフで2試合に先発し八戸学院大を完封するなど調子を上げてきていた。

この日はその疲労がまだ残っていたかもしれないが、本調子ではなかった。先輩の多和田真三郎投手のようにスタンスを大きく取り、下半身を落として低い位置で投げるとストレートは低めに伸びていた。まだ体が細く見え下半身も頼りない感じがある。

プロスカウト高い評価

視察した横浜DeNAの高田GMは「150キロ超えじゃなく、アベレージで投げられるのがいい」と話すと、中日・中田スカウト部長も「馬力もあるし、西武の岸タイプ」と評価した。また千葉ロッテの永野チーフスカウトは「尻上がりに良くなって先発型の投手。体ができてくれば常時140キロ後半は出る。素材としては上位候補」と評価した。

小野投手は「将来はプロに行きたい」と話し、プロ志望を口にした。ドラフト2位までの上位候補として、ギリギリ名前が入ってくるかどうかという所だと思うが、将来性を高く評価した球団が2位までに入れてくるかもしれない。獲得した球団は将来の楽しみが増えそうだ。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

全日本大学野球選手権1日目の対戦カードと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

ロッテ・永野チーフスカウトは「体ができてくれば常時140キロ後半は出る。素材としては上位候補」と高く評価した。

直球の平均は140キロ台後半。DeNA・高田ゼネラルマネジャーが「150キロ超えじゃなく、アベレージで(速い球を)投げられるのがいい」と目を細めれば、中日・中田スカウト部長は「馬力もあるし、西武の岸タイプ」と高く評価した。


PAGE TOP