九産大3年・草場亮太投手が7回途中まで2安打無失点、巨人が評価

九州産業大, 草場亮太

九州産業大は3年生の草場亮太投手が先発し、最速149キロを記録した速球で7回途中まで2安打無失点に抑えた。巨人の山下スカウト部長が将来性を評価している。

149キロ

草場亮太投手は伊万里商出身の右腕で高校時代も146キロの速球が注目され、オリックスなど5球団が注目をしていた。大学では球速も152キロを記録し成長を見せている。しかしリーグ戦などではやや安定感を欠き、リリーフなどで登板をするものの主戦の中には入っていない。

この日も大久保監督は「2、3点取られる覚悟はあった」と話しながら草場投手を先発をに送り出したが、まだ線は細いものの体重が乗ったバランスの良いフォームで、力が抜けたフォームからも最速149キロ、大体145キロ前後の速球を投げ、6回2/3を投げて2安打2奪三振4四死球で無失点に抑えた。

草場投手は1年生の春にリーグ戦で登板したもののその後に肩を痛めると、故障が癒えたのは今年の冬だった。しかしこの冬にしっかりと投げ込めたことで球速も5キロアップし、この春に152キロを記録している。そのリーグ戦では再び右肩痛で離脱をしていた。まだリーグ戦では未勝利だった。

まだ速球は高めにいき、スライダーもコントロールも安定していなかったものの、もう少し体を作りフォームが固まればかなりの投手になると思う。視察した巨人の山下スカウト部長も「もっと鍛えれば良くなる。来年が楽しみ」と評価した。

この全国での1勝をきっかけに、今秋、そしてこの冬のトレーニングで体を作って、来年はドラフトの目玉として注目されるような投手になってほしい。可能性は十分ある。

九州産業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-大学生のドラフト候補リスト

九産大の最速152キロ右腕・草場亮太(3年=伊万里商)が、7回途中2安打無失点の好投で自身の全国デビューを飾った。この日の最速は149キロをマークして、スライダーやカーブで緩急を織り交ぜて打者を翻弄。7回に2死一、二塁のピンチを招いて降板し、「リーグ戦ではコンスタントに150キロが出ていたし、コントロールが荒れてたのは悔しい。(最後まで)投げたかったです」と、強気に振り返った。

故障で今春リーグ戦は勝ち星がなかったが、この日は最速140キロ台後半の直球を軸に「打たせて取ることができた。150キロ出せなかったのは悔しい」と笑った。エース高良が右内転筋痛で離脱中だが、4年生右腕・伊藤と完封リレー。大久保哲也監督は「この勝利をきっかけにしてくれたら」と復調に期待した。


PAGE TOP