侍ジャパン大学日本代表が決定、白鴎大・大山悠輔選手が打線の軸に

京田陽太, 吉川尚輝, 大山悠輔

侍ジャパン大学日本代表メンバーが発表され、投手では柳裕也投手、濱口遙大投手、佐々木千隼投手、水野滉也投手に、宮台康平投手も選ばれた。打者では京田陽太選手、吉川尚輝選手を二遊間とし、白鴎大の大山悠輔を主軸に置く構想が明らかとなった。

メンバー一覧:日米大学野球(2016)出場の侍ジャパン大学日本代表選手一覧 

投手

日米大学野球は5試合が行われる。柳投手、濱口投手は順当に選出され、柳投手は1戦目と5戦目の2試合に先発を任される事になりそうだ。濱口投手、佐々木投手、田村投手、宮台投手が2,3,4戦の先発を争う事になる。

リリーフではプロ注目の水野投手が入り、左の斉藤大将投手、伊藤将司投手の名を連ねた。吉川峻平投手も含めてコントロールの良い投手を選出した印象だ。リリーフで力で抑えられるタイプの投手がいないことから、佐々木投手や田村投手が後ろに回る可能性もある。

今回は左腕投手が半数おり多めの選出となったが、新潟医療福祉大の笠原祥太郎投手は選ばれなかった。また152キロを記録した黒木優太投手も状態が万全とは言えず選出されなかった。

野手

代表の横川監督は、吉川尚輝選手と京田陽太選手の遊撃手二人について、二遊間構想をもっており、どちらかがセカンドを守ることになりそうだ。吉川選手についてはこの日も広島の苑田スカウト部長が「打球への反応が良く、守備範囲が広い。打撃も当てるのがうまい」と評価していた。

また主軸には今春のリーグ戦で8本塁打を放った白鴎大の大山悠輔選手について「クリーンアップを任せたい」と話した。選出されたメンバーは守備力の高い選手が多く選ばれた印象で、長打力がある選手は少ない。クリーンナップは順調であれば、吉川尚輝選手、大山悠輔選手、牛島将太選手という事になるか。

また外野手は経験豊富な佐藤拓也選手を1番に据え、強肩と素晴らしい打撃を見せた濱元航輝選手、打撃の良い辰己涼介選手、広い守備範囲の大西千洋選手を使い分ける形になりそうだ。

投手は制球力、野手は守備力が重視されたチームとなった侍ジャパン、日米野球でどのような対戦をするのか、そして各選手がどんな活躍を見せるのか注目したい。

日米大学野球(2016)出場の侍ジャパン大学日本代表選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

春の関甲新リーグで8本塁打を放った大山(白鴎大)。この日も左翼線二塁打を放ち、紅白戦計8打数3安打1打点。横井監督は「クリーンアップを任せたい」と期待した。


PAGE TOP