中部学院大・床田寛樹投手が14奪三振、巨人、福岡ソフトバンクなど5球団が視察

中部学院大, 床田寛樹

東海地区大学リーグでは、中部学院大のプロ注目左腕・床田寛樹投手が岐阜経済大打線から14三振を奪って完封勝利し、巨人福岡ソフトバンクなど5球団のスカウトにアピールした。

146キロ左腕

床田寛樹投手は180cmの本格派左腕投手で、球速は146キロを記録し、大学生屈指の左腕投手としてプロが注目している。この日は岐阜経済大戦で先発すると、最速145キロのストレートと変化球を低めに集め、14三振を奪って完封勝利を挙げた。

床田投手は「体感トレーニングを毎日やったことでバランスが良くなり、ボールの速さが上がった」と話した。この日は巨人、福岡ソフトバンクなどのスカウトが視察し、注目度の高さをうかがわせる。

高校生では寺島成輝投手、高橋昂也投手、古谷優人投手、高山優希投手、大江竜聖投手、早川隆久投手などがいるが、大学生・社会人の中で即戦力左腕投手を挙げるとすると、神奈川大の濱口遙大投手や新潟医療福祉大の笠原祥太郎投手、帝京大準硬式の鶴田圭祐投手くらいしか挙げられず、やや少ない印象があり、床田投手は有力な即戦力左腕として注目される事になりそうだ。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

床田が14K完封 デイリースポーツ紙面 2016/8/29

 


PAGE TOP