神奈川大・濱口遙大投手が桐蔭横浜大・齋藤友貴哉投手との投げ合い制す、千葉ロッテスカウト注目

桐蔭横浜大, 濱口遙大, 神奈川大, 齋藤友貴哉

神奈川大学野球リーグが開幕し、神奈川大の150キロ左腕・濱口遙大投手と、桐蔭横浜大の149キロ右腕・齋藤友貴哉投手が延長タイブレークまでの投手戦を演じた。

ドラフト候補同士の投手戦

神奈川大の濱口遙大投手は150キロ左腕としてドラフト上位候補として注目されている。侍ジャパン大学代表のメンバーとして、先日の高校代表との壮行試合でも1イニングを3者三振に抑えて貫禄を見せた。その濱口投手はこの日は序盤は制球も良くなかったものの、後半にかけて球の勢いが出てきて最速は147キロを記録、9回を投げて4安打1失点、10三振を奪う好投を見せた。また延長10回のタイブレークも投げ、1アウト満塁を併殺で無失点に抑えた。

濱口投手は日米大学野球では3戦目にリリーフで登板すると3回を投げて2安打6奪三振無失点の好投を見せた。しかし続く第4戦に先発で起用されると4回途中で4安打5失点しマウンドを降りた。まだ投球の度にムラがあるものの投げる球は一級品で、この試合ごとのムラをなくすことができれば、ドラフト2位までには消えると思う。

この日も千葉ロッテの井辺スカウトが視察し、「後半、球が来たし、スタミナもあるので見ていく」と今度も注目すると話した。

また、桐蔭横浜大は149キロ右腕の齋藤友貴哉投手が登板し、9回まで1失点と好投、球速も149キロを記録した。タイブレークでは1点を失い敗れたものの、ランナーを背負いながらも粘りの投球を見せ、三振も8つ奪った。齋藤投手は先日の神奈川交流戦で、横浜DeNAの2軍を相手に5回を投げて5安打6四死球で4失点したものの最速148キロの力のある球を投げていた。制球の課題などもあるが速球には魅力がある。こちらもドラフト候補として注目を続けたい。

2016年度-神奈川大学リーグのドラフト候補リスト

2016年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

プロ注目左腕・浜口(4年)は9回を4安打1失点に抑え、10奪三振の好投を見せた。最速は144キロを計測。タイブレークで行われた十回も投げ、一死満塁のピンチを二ゴロ併殺で切り抜けたが「前半、よくなかった」と自己評価。視察したロッテ・井辺スカウトは「後半、球が来たし、スタミナもあるので(今後も)見ていく」と評価した。


PAGE TOP