九州共立大・岩本喜照投手も147キロ復活投球、九産大・高良一輝投手も復活へ

九州共立大, 九州産業大, 岩本喜照, 高良一輝

九州共立大の147キロ右腕・岩本喜照投手も、春は右肘痛のために3試合5イニングのみの投球に終わったが、この夏はオープン戦で自己最速タイの147キロを記録し、今日開幕する福岡六大学リーグでは九産大の高良一輝投手とともに復活の秋となりそうだ。

復活の秋へ

岩本喜照投手は188cm84kgの大型右腕で最速は147キロを記録する。リーグでは力のある球で、九産大のドラフト上位候補エース・高良一輝投手とともに注目をされていた。しかし、春は疲労性の右肘痛に悩まされオープン戦で全く登板できずにリーグ戦に突入すると、リーグ戦終盤の復活を目指して調整をしたものの3試合5イニングの登板に終わり、その内容も本来のものとはかけ離れたものだった。

しかしリーグ戦が終わってからトレーニングを重ねると右肘の痛みも無くなり、オープン戦でも3回から5回くらいを投げて社会人チームを1失点以下に抑えているという。球速も自己最速の147キロを記録し、「今までオープン戦で最速が出た事はなかった。今は7,8割の力で投げているのに、以前の10割と同じ力が出ている」と話し、これまでよりも成長していることを口にした。

同じく春は右内転筋痛のため登板していなかった九産大・高良一輝投手も先日の同志社大とのオープン戦で7回を投げて144キロを記録する投球を見せ、大久保監督も「内転筋ももう不安はありません。秋はバリバリ働いてもらう」と話している。

岩本投手、高良投手が復活し、秋のリーグ戦は復活の秋、いや大きな実りの秋となりそうだ。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-福岡六大学リーグのドラフト候補リスト

九共大エース・岩本、復活の秋 西日本スポーツ紙面 2016/9/3

 


PAGE TOP