桜美林大・佐々木千隼投手が開幕戦完封、巨人スカウト評価

丸山泰資, 佐々木千隼, 東海大, 桜美林大

首都大学リーグが開幕し、ドラフト1位候補の桜美林大・佐々木千隼投手が9回を6安打完封で勝利した。この試合には巨人など5球団スカウトが視察をしている。また東海大は丸山泰資投手が6回途中3安打無失点で勝利を挙げた。

ドラフト1位候補の貫禄

佐々木千隼投手は貫禄の投球を見せた。初回に150キロを記録したストレートを見せると、1アウト満塁のピンチを迎えたものの2者連続三振を奪い切り抜けた。中盤からは2種類のツーシームを主体にし、9回を6安打で完封した。佐々木投手は「調子が悪いなりに打たせて取ることはできた」と話し、調子が良くなかったことを明かしたが、それでも1-0で完封するエースの投球を見せた。

この試合には巨人など5球団のスカウトが視察し、ドラフト1位候補として名前を挙げている巨人の長谷川スカウトは「プロで先発完投型ができる投手。センスがあり伸びしろも十分」と評価、オリックスの谷口スカウトも「球の力は1軍でも通用する」と評価した。

1年目からローテーションに確実に入ってくると思う佐々木投手、巨人やオリックスがチーム状況から佐々木投手に注目するのがよくわかる。佐々木投手を獲得できれば、ドラフトは成功といえるだろう。

丸山投手も復活に手ごたえ

また、151キロの速球を投げ、昨年春のリーグ戦で完全試合を達成するなど注目をされていた東海大の丸山泰資投手も5回2/3を3安打無失点に抑える好投を見せた。

丸山投手は今年年初の段階で多くの球団がドラフト1位候補に挙げており、巨人も丸山投手をAランクの中にいれていた。しかしこの春は絶不調で球速も落ち、プロ側の評価は下がっていき、代わりに佐々木投手が1位候補に浮上していた。

春の状態ではプロ入りは難しかったが、どこまで戻しているのか、それによって再び名前が挙がってくる可能性もある。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト

佐々木、開幕完封 スポーツ報知紙面 2016/9/4

 


PAGE TOP