慶大・加藤拓也投手がノーヒットノーラン、立教大ドラフトコンビも好投

佐藤拓也, 加藤拓也, 沢田圭佑, 田中和基, 田村伊知郎

東京六大学では慶応大の153キロ右腕・加藤拓也投手が、東大戦でノーヒットノーランを記録した。また立教大は田村伊知郎投手が先発し、リリーフで沢田圭佑投手が締めて勝利を飾った。

ノーヒットノーラン

ドラフト候補右腕の加藤拓也投手がノーヒットノーランを飾った。相手は東大だが、今年の東大は夏の合宿で各自が体重を増やして特訓をし、開幕カードの明治大戦では大学のエース・柳裕也投手に7回で6安打2失点を浴びせて降板させている。

その東大を相手に先発した加藤投手、この日は初回に150キロを連発し、四球や失策でピンチを迎えたものの2つの三振で切り抜けた。その後、中盤からはスライダー中心に切り替え、三振でも内野ゴロでもアウトを積み上げていく。「6回に足がつりそうになりましたけど。」と言いながらも9回になっても147キロを記録してノーヒットノーランを達成した。

5つの四球を与え「5四球というのが僕らしい」と話したものの大記録達成に笑顔を見せた。

スカウト評価は

加藤投手は六大学でも実績を残し、ドラフト上位候補だと思うがそれほどスカウトのコメントが聞かれない。しかしこの日は日米6球団のスカウトが視察し、千葉ロッテの諸積スカウトは「春よりも投球にうまさが出た。打者が的を絞りづらかったと思う。順位も上がってくるのでは」と話した。また加藤投手を高く評価している広島の苑田スカウト部長は「調子はあまりよくなかったと思うが、東大の打者にうまく高めの球を振らせていた。まだまだ上の投球ができる投手」と評価した。

150キロの剛速球で押す投球が特徴だった加藤投手、1,2年のころはキレもあり手が出ない投球だったが、3年になりやや疲れが見えると直球押しでも苦しいピッチングが続き、ボールを見極められるようになり四球が増えてきた。しかしこの春はストレートをやや抑え気味にしてスライダーを中心に組み立てる投球も見せ進化をしている。「4年間ずっと野球をやってきて4年目が一番よくなきゃいけない。そう思ってやってきた」と話す加藤投手、非常にクレバーな投手だと思う。

制球面だったり175cmという身長に引っかかるかもしれないが、加藤投手はプロに入っても伸びる素質があると思う。広島など高く評価しているチームもあり、やはりドラフト2位までには消える投手だと思う。

立教大ドラフト候補は?

また立教大vs法政大は、立教大が9-3で大勝した。プロ志望届を出している1番・佐藤拓也選手は4打数2安打1打点、田中和基選手は9番ライトで出場し4打数1安打1打点、また投げては田村伊知郎投手が先発し8回をテンポよく投げて7安打1奪三振3失点と、日米大学野球とは違ったスタイルの投球を見せると、9回にリリーフで登板した沢田圭佑投手は12球すべてストレートを投げて1回をノーヒット1四球で無失点に抑えた。

これまで先発で活躍してきた沢田投手がリリーフに、主にリリーフで登板してきた田村投手が先発となり、お互いを信頼しながらの勝利となった。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年大学生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

 スタンドでは日米6球団のスカウトが視察。ロッテのスピードガンで自己最速にあと2キロと迫る151キロを計測し、諸積兼司スカウトは「春よりも投球にうまさが出た。(ドラフトの)順位も上がってくるのでは」と絶賛。現役最多タイのリーグ通算21勝目。

捕手から投手に転向し、1メートル75、90キロのがっちりした体から速球を投げ込む。1年生捕手の郡司は「速いだけじゃなく、鉛球を投げているみたい」。米大リーグ、アストロズの大慈弥(おおじみ)環太平洋スカウト部長も「体に力があってスピン量の多い球を投げるのが特徴」と舌を巻いた。

10個の三振を奪う、圧巻の投球だった。初回、この日最速の150キロを計測するなど、2三振を奪う立ち上がり。初回に攻撃陣から5連打で4点をプレゼントされ、波に乗った。「4点もらって緩まないように、0点で抑えることを意識して投げた」。9回でも147キロをマークした剛球と、スライダーがさえた。出した走者は5四球と1失策。「四球5個が自分らしいと思う。もうちょい四球減らさないと」と、シャイな笑顔を見せた。


PAGE TOP