大体大の151キロ右腕・菅原秀投手が4連勝、阪神など4球団視察

大阪体育大, 菅原秀

大体大の151キロ右腕・菅原秀投手が、関西外大戦で延長11回を2失点に抑え、今季4連勝を記録した。すでにプロ志望届を提出している右腕に阪神など4球団のスカウトが注目している。

4球団が注目

菅原秀投手はこの日、最速146キロのストレートと高校時代から得意のナックルカーブを投げ、3回にソロホームランで1点を失ったものの延長11回を7安打10奪三振2失点に抑えて、4-2で完投勝利を挙げた。これで今季は開幕4連勝となった。

11回の最後の打者にも145キロの速球で空振り三振を奪うと、「まだ余力はありました。途中からはテンポ良く投げられることができたと思う」と話した。この試合には阪神など4球団のスカウトが視察し注目されている。

菅原投手は小学生時代はサッカー少年だったが、股関節の故障でサッカーをあきらめて中学から野球に転身すると、福井工大福井時代の2012年の夏の甲子園に出場し、開幕戦となった常葉橘戦で5安打10三振2失点で完投勝利を挙げ、長身から繰り出すフォークボールに注目されていた。

プロ志望について菅原投手は「順位にはこだわらない。入ってからが大事なので」と話した。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-阪神大学リーグのドラフト候補リスト

2016年大学生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

阪神など4球団のスカウトが見守るなか、菅原は最速146キロの直球と、高校時代からの持ち球であるナックルカーブで相手打線を翻弄。3回に先制点となるソロ本塁打を許したものの、11回を7安打10奪三振2失点で完投した。最後の打者を145キロの直球で空振り三振に仕留めると「まだ余力はありました。途中からはテンポ良く投げられることができたと思う」と満足げに振り返った。


PAGE TOP