白鴎大・中塚駿太投手などプロ注目選手の活躍

中塚駿太, 大山悠輔, 左澤優, 笠原祥太郎, 谷口諒, 高橋拓巳, 鳥巣誉議

土曜日は各地でプロ注目選手が出場した。白鴎大の中塚駿太投手は上武大戦で5回1/3を投げて2安打2奪三振3失点という内容だった。

白鴎大・中塚駿太投手は3回までは無失点で150キロの速球でバットを押し込んで内野ゴロを打たせる投球を見せていた。しかし4回、鳥巣誉議選手に2ベースを打たれると中塚投手の暴投でセカンドランナーの鳥巣選手が一気にホームインして失点すると、その後ヒットと味方のまずい守備で2点を失った。5回は四球と自らのエラーなどで1アウト満塁のピンチを招いたものの無失点に抑える粘りを見せたが、6回に四球からタイムリー3ベースヒットを打たれて3失点、ここで降板した。

内容的にはそれほど良いとは言えないが、昨年などに比べれば試合が作れるようになった。ピッチングとパワーのバランスがまだ悪いが、プロではそれが高い所でとれるようになってほしい。

大山悠輔選手は5打数1安打だった。

新潟医療福祉大の笠原祥太郎投手は6回2/3を投げて9つの三振を奪ったものの、7四死球と乱調で4失点、春は6勝0敗、防御率0.72と抜群の安定感を誇ったがこの秋は、球速も140キロ前後、コントロールも乱れ調子を崩している。春にはスカウトが追い続けていくと注目し、侍ジャパン大学代表の合宿に召集されるなど飛躍を遂げたが、秋まで踏ん張ることはできなかった。それでも昨年秋、春と奪三振が多く、スライダー、カットボールをプロがどのように評価するか、またプロでの成長をどのように評価するかだろう。

平成国際大は狩野行寿選手はタイムリーヒットに2つの四球などで勝利に貢献した。春のリーグ戦では1試合3本塁打9打点を記録した爆発力のある選手で、埼玉西武などプロのスカウトが狙っている。

また、神奈川大学リーグでは桐蔭横浜大vs横浜商大の試合で、桐蔭横浜大・高橋拓巳投手と、横浜商大・左澤優投手が投げ合い、延長10回までともに譲らずに2-2の同点、11回からはタイブレークとなり横浜商大が同じくドラフト候補の谷口諒選手の満塁ホームランでサヨナラ勝利した。

2016年度-関甲新学生リーグのドラフト候補リスト

2016年度-神奈川大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP