明治大・柳裕也投手、星知弥投手もプロ志望、横浜DeNA、広島などが視察

川口貴都, 明治大, 星知弥, 柳裕也

東京六大学では明治大の星知弥投手がこの日の法政大戦に先発し、7回途中まで8安打4失点も、東北楽天広島千葉ロッテ横浜DeNA東京ヤクルトなど7球団のスカウトが視察をした。柳裕也投手と星知弥投手は今日3日プロ志望を提出、また川口貴都選手は富士重工入りを志望する。

春よりもよくなっている

先発した星知弥投手は最速154キロの速球を投げるが、制球などの課題もあり実績をまだ残せていない。この日も初回に151キロを記録し、7回には152キロを記録したものの、2回と4回に1点づつ失い、7回には連打で2失点して降板、6回1/3で8安打3奪三振3四死球で4失点(自責点3)という内容だった。

それでも視察した横浜DeNAの吉田スカウト部長は「速球が魅力。春と比べると腕が振れていて良くなってきた」と高く評価すると、東京ヤクルト・鳥原チーフスカウトも「直球に力があるし、落ち着いている。先発より、セットアッパーに格好の右腕」と評価、さらに東北楽天・長島スカウト部長も「評価は既に済んでいる。どういう起用法が考えられるかの確認ができた」と話した。

154キロリリーフとしてプロから高く評価されている星投手は、柳裕也投手とともに今日プロ志望届を提出する。プロ入り後に少し時間が必要かもしれないが、リリーフとしてシーズンを通して投げられるような投手になってほしい。

川口選手連発

またこの日は川口貴都選手が2打席連続ホームランを放った。川口投手は高校時代から146キロ右腕として注目されていたが、大学2年時に野手に一度転向、この春は再び投手に復帰したものの結果を残せず、最後の秋に打者一本で勝負をかけていた。

その秋、6試合連続でヒットを放つと富士重工から野手として声がかかっているという。この日の2発で富士重工入りはほぼ確実となっただろう。社会人で野手として成長し2年後のプロ入りを目指す。

ネット裏で視察した広島、ロッテなど7球団のスカウトの前で、明大のドラフト候補右腕コンビが持ち味を発揮した。先発の星は初回に151キロをマークすると、7回に自己最速にあと2キロと迫る152キロを計測。その7回に連打を浴びて降板したが、DeNAの吉田孝司スカウト部長は「速球が魅力。春と比べると腕が振れていて良くなってきた」と高く評価した。

ヤクルト・鳥原チーフスカウトは「直球に力があるし、落ち着いている。先発より、セットアッパーに格好の右腕」と評価し、楽天・長島スカウト部長も「評価は既に済んでいる。どういう起用法が考えられるかの確認ができた」と話した。

野手として社会人野球の富士重工を志望することも固まり、転向を指示した指揮官も「持っているものを神宮で出してくれた」と笑顔だった。


PAGE TOP