東海大・丸山泰資投手を中日が上位候補評価、8球団から調査書

丸山泰資, 東海大

東海大の完全試合右腕・丸山泰資投手に8球団から調査書が届いており、ドラフト会議では上位指名の可能性もある。

151キロ右腕、3年春に完全試合

丸山投手は東邦高校出身で、3年春にエースになったものの甲子園にあと一歩届かなかった。東海大に進むと2年生の春にリーグ戦に登板し、3年生の春には日体大戦で完全試合を達成、球速も151キロを記録し、今年のドラフト1位候補の一人として注目冴れていた。

しかし今年の春に肩痛を発症するとリーグ戦でも球速も出ずに勝てない投球が続き、体重が8kgも減るなど苦しんだ。それでもチューブトレーニングなどで内側の筋肉を鍛えると体重も戻り、最近は再び先発として力のある球を投げられるようになり、「まだ完全には戻っていないけど、春と比べたら試合を作れている。」と復活に手ごたえを感じている。

ドラフト指名は

そんな丸山投手は、ドラフト1位指名の声は聞かれなくなったものの、中日・中田スカウト部長が「肩は問題ない。右の本格派で低めに強い球を投げられる。上位候補。」と話すなど評価は高く、8球団から調査書が届いているという。

「今の調子では1位どころか下位指名かも。でもプロに入って学べばもっと成長できると思う」と話し、現在の状態ではドラフトの指名順位は低くなるかもしれないが、社会人ではなくプロ志望を貫いた。「結果が出ていないので指名されるのかどうか」と不安を口にするも、「どこに入団しても自分の仕事をやり切れる投手になりたい」と話す。

東邦高校出身であり中日の指名が高いとみられるが、東海大と縁のある巨人オリックスなどの指名もあるかもしれない。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

丸山泰資、強い球が低めにいく本格派 中日スポーツ紙面 2016/10/15

PAGE TOP