デイリースポーツがドラフト特集

山川和大, 黒木優太

デイリースポーツは4面5面を使って明後日行われるドラフト会議の特集をしている。12球団の指名予想や指名候補リストの他、兵庫ブルーサンダーズの山川和大投手、立正大・黒木優太投手、関西学院大準硬式の坂本工宜投手の紹介をしている。

12球団指名予想

12球団指名予想のポイントとしては、北海道日本ハム意外は即戦力投手の補強を優先しているとし、福岡ソフトバンクは高校生左腕が補強ポイントだったが、V逸により即戦力投手が最有力となったとしている。

またソフトバンクは二遊間でレギュラーを張れる選手の獲得を目指すとしており、阪神中日埼玉西武オリックス横浜DeNAも内野手の獲得を目指しているとしており、横浜DeNAは、中位から下位で内野手をリストアップしているとしている。

北海道日本ハムは高校、大学、社会人を問わず最も評価する投手を1位指名し、次世代のレギュラーを狙える野手も補強ポイントになっている。

注目選手

挙げられているのは兵庫ブルーサンダーズの山川和大投手、大学2年時に最速146キロを記録し、大学野球連盟に所属するチームでプレーをしてなかった事から、2年生で指名があるかと注目された。実際にプロ側も連盟に確認をするなど獲得に動いた球団もあったが、大学生の規定を適用され4年生卒業時まで指名できないとされていた。

その時は落ち込んだと話すが、その後、トレーニングを見直し、現在では152キロを記録するまで成長し、今年は堂々とドラフト候補として注目されている。

立正大の黒木投手は東都2部でプレーしているが、最速153キロを記録するストレートと切れ味鋭いスライダーに注目されている。橘学苑時代も注目された投手だが、投手転向は高校2年の時で、それまでは1年生秋から遊撃手としてベンチ入りしていたという。立正大では1年秋からリーグ戦で投げると、今年はエースとしてチームを引っ張る。通算18勝14敗、防御率は1.79となっている。

東都2部からは昨年のドラフト会議で青学大の吉田正尚選手と原樹理選手がそれぞれオリックスと東京ヤクルトから1位指名された。1部リーグよりも注目される状態になっており、黒木投手もそれに続く。

坂本投手については巨人など複数球団が関学大準硬式の阪本工宜投手を狙うに記載しました。

この他にもドラフト候補選手リストなどがあり、ドラフトの資料として買った方が良いと思います。

 

本格的に投手へ転向した大学2年時に最速146キロを計測。プロの注目を浴びたが、大学生としての身分を優先するNPBの判断により指名は認められなかった。「2年前はダメかと思ってめっちゃ落ち込んだ」。

昨年、原樹理(ヤクルト)、吉田正尚(オリックス)と2人のドラ1を輩出した東都2部で、1年秋から主戦を張る。「原さんは1人で何試合も投げ抜いて。必死に頑張る人間は強いんだなと。そういう姿に心を打たれたところはあります」。ハイレベルな相手としのぎを削り、お手本にし、自分を高めてきた。1点台の通算防御率が実力を証明する。


PAGE TOP