専修大が日本ハムドラフト4位の森山恵佑選手の本塁打で国士舘大を圧倒

専修大, 平湯蒼藍, 森山恵佑, 福永裕基, 秦匠太朗, 高橋礼

東都リーグは入れ替え戦が行われ、1部2部入れ替え戦では1部6位の専修大が2部1位の国士舘大に14-1で勝利し圧倒した。

強力打線

専修大は強力打線として知られ、昨年春にはその強打で1部昇格即優勝を果たすなど注目されている。しかし今シーズンは打線がなかなか得点を奪えず、投手陣が崩壊しリーグ最下位となっている。

その専修大はこの日の入れ替え戦で14本のヒットで14点を奪い、2部1位の国士舘大を圧倒した。7回には北海道日本ハムからドラフト4位で指名された森山恵佑選手が2ランホームランを放ち一気に突き放した。視察した日本ハム・今成スカウトは「いい形で打てた。大きいのを打てる選手はウチの補強ポイント」と高く評価をしていた。

また、3番ファーストの2年生・福永裕基選手が6打数3安打4打点、4番DHに入った1年生の平湯蒼藍選手が5打数2安打1打点、5番ライトの2年生・秦匠太朗選手が6打数2安打2打点と、1,2年でそろえたクリンナップが大活躍を見せた。

高橋礼投手が好投

また投手がでは来年のドラフト候補・高橋礼投手が、7回を2安打3奪三振で1失点(自責点0)に抑える好投を見せた。高橋投手は専大松戸出身で、187cmの長身で長い脚や腕があるアンダースロー投手で、大学では2年生だった昨年に、侍ジャパン大学代表に選出されユニバーシアードを戦った。

先発すると結果を残せなかったりと今年は登板機会も少なくなり苦労をしていたが、この日の好投で来年につながるピッチングを見せてくれた。数少ないアンダースローの投手としてドラフト候補として注目される。

専修大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

視察した日本ハム・今成スカウトも「いい形で打てた。大きいのを打てる選手はウチの補強ポイント」とうなずいた。

専大・森山が持ち前の長打力を見せた。1点リードの7回、2点を加えてなお無死二塁から2球目を強振。右翼席へアーチをかけた。今秋はノーアーチで「バットを短く持つようにした。抵抗はあったが我慢してやって良かった」と安どの表情を浮かべた。


PAGE TOP