阪神ドラフト2位の富士大・小野泰己投手が7回1失点、152キロ記録

富士大, 小野泰己

明治神宮大会1日目、富士大vs上武大の試合で富士大は、阪神からドラフト2位指名を受けた小野泰己投手が先発し、最速152キロを記録する速球で7回4安打1失点の好投を見せた。試合は0-1で敗れ、大学4年間の野球を終えた。

1,2年から成長

この日は最速152キロを記録したストレートに、フォークボール・スローカーブ、スライダーを織り交ぜるピッチングを見せた。ストレートは常時145キロ前後を記録した。5回に先頭打者を四球で歩かせると犠打で進められ、センター前に弾き返されて1失点、この1失点で試合に敗れ大学野球を終えた。7回4安打5奪三振4四死球で1失点だった。

「まだ終わった感じが全然、しない」と小野投手は試合後に口にした。折尾愛真高校時代も145キロを記録しプロのスカウトが注目し、富士大でも下級生の時に150キロの速球を投げドラフト候補として注目された。しかし富士大の豊田監督はこの日の小野投手の投球を見て、「最後の投球は1、2年生のときからは想像できなかった。本人の努力がそうさせた」と話し、4年間での成長を認めていた。

プロへ

ドラフト2位という高い順位でプロへ行く。小野投手は「早く1軍で登板したい気持ちは持っています。1年目から投げたいと思いますし、通用するかまだわかりませんが、打者にもしっかり投げていきたいです」と話した。

この日視察した阪神の葛西スカウトは「期待したい。直球がうりの投手。スピードガンでほんとにこんなに出ているのかという力感のなさも一番の持ち味かもしれない」と話した。

まずは184cm75kgの細身の体をプロの体にして、現在のストレートに力を増すことが必要となる。また四球から失点をするところはプロでも課題になってくるだろう。ランナーを出してから粘りの投球ができるようになれば、プロでも勝利が見えてくる。

富士大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

大学生活に終止符を打った小野は「まだ終わった感じが全然、しない」と率直な心境を吐露した。打ち取ったと思った打球が致命的な1点につながった。それでも「自分の力不足です」とエースは敗北の責任を負った。

痛恨の失点に右腕は「防げる失点だった。まだ力不足です」と唇をかんだが、富士大・豊田監督は「最後の投球は1、2年生のときからは想像できなかった。本人の努力がそうさせた」と成長を認め、ねぎらった。


PAGE TOP