明治大、柳裕也投手・星知弥投手・佐野恵太選手、ドラフト3選手の活躍で勝利

佐野恵太, 明治大, 星知弥, 柳裕也

明治神宮大会、明治大は先発した中日ドラフト1位の柳裕也投手、リリーフした東京ヤクルトドラフト2位の星知弥投手、そして2ランホームランを放った横浜DeNAドラフト9位の佐野恵太選手の活躍で勝利した。

柳投手不調も星投手が151キロリリーフ

この日の関西大戦ではエースの柳裕也投手が先発をした。球速は144キロどまりでこれはいつもと同じくらいだったものの制球がいまいちで、得意のカーブはほとんどがボールとなった。明らかに調子が悪い状況だった。それでも柳投手は130キロ中盤を記録するカットボールを多投し、関西大の打者が空振りをした。「相手が合っていないと思ったので、カットを軸にしていこうと」引き出しの多さを見せた。

4回は2アウト満塁のピンチを背負うもカットボールで空振り三振を奪った。5回までを投げて4安打2四球も6つの三振を奪い無失点にまとめた。この日視察した中日の中田スカウト部長は「本来の調子でなくとも、試合を作れるタフさ。われわれが一番評価したところ。絶対に自滅しない」と話し、不調ながらも使える変化球を駆使して無失点に抑えていく力を評価した。

5回を終え4-0となったところで明治大は継投に入る。6回からは来年のドラフト候補、斉藤大将投手が登板する。左のやや横気味から投げる変化球が特徴で、侍ジャパン大学代表ではリリーフの軸として好投を見せていたが、この日は球速も143キロどまり、1回2/3を投げて2安打1四球で1失点と良くなく、7回途中から星知弥投手にマウンドを譲った。

星投手は7回のピンチを149キロの速球とスライダーで抑えると、8回は先頭打者にヒットを許したものの併殺に打ち取った。9回も先頭打者にヒットを許しその後、2つの四死球を与えてピンチを背負ったものの、151キロを記録したストレートとスライダーなどで抑え、2回1/3を2安打2奪三振2四死球で無失点に抑えた。

星投手は「今日は30点」と話した。「気持ちが入り過ぎ、力んでしまった。球速は関係ありません」と厳しい表情を見せた。この日、150キロ前後の速球を投げたのは星投手だけで、スタンドも球速に驚きを見せていたが、内容としては安定したものではなかった。

佐野恵太選手が2ラン

明治大は3回、ランナー一人を置いてこの日3番ファーストに入った佐野恵太選手が打席に入ると、甘めのストレートを完璧にとらえてライトスタンドに運んだ。「1打席目の配球を見て、シンカーが来ると思って狙っていた。失投だと思うが、しっかり捉えられた」と話す佐野選手、打った瞬間にわかるホームランだった。

佐野選手は第1打席もセンターへの2ベースヒットで出塁し、続く牛島将太選手のタイムリー2ベースでホームを踏んだ。守備でもファーストだったが好捕を見せた。ドラフト9位指名とはいえ、さすがドラフト指名選手という動きを見せた。

視察した横浜DeNAの河原隆一スカウトは「見事な一発。長打力があることを再確認できた」と評価した。

3人は明治大のユニフォームを着てプレーするのは長くても明治神宮大会決勝まで、佐野選手は「あと3日間しか明治のユニホームを着られない。笑って終われるように日本一をつかみたい」と話した。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

力で押し込んだ。ヒットと四死球で招いた9回2死満塁のピンチ。リードは3点。一発を食らえば逆転される場面で、星は関大の古川を150キロの剛球で二ゴロに詰まらせた。「点を与えないところだけはよかった。最低限の仕事はできた」。3番手でマウンドに立った右腕は、無失点リリーフに胸をなで下ろした。

終わってみれば5回無失点、6奪三振。中日・中田スカウト部長は「本来の調子でなくとも、試合を作れるタフさ。われわれが一番評価したところ。絶対に自滅しない」と、目尻を下げた。

救援した七回2死二塁は切り抜けたが、九回に2死満塁のピンチを招いたことを猛省。最速151キロを計測した直球の制球も定まらず「気持ちが入り過ぎ、力んでしまった。球速は関係ありません」と険しい表情だった。

大会前、仲間と「1度も日本一になれていない。この大会で絶対に日本一になろう」と誓い合った。

ネット裏で観戦したDeNAの河原隆一スカウトは「見事な一発。長打力があることを再確認できた」と評価。


PAGE TOP