横浜DeNAドラフト2位・水野滉也投手が3回ノックアウト、中日ドラフト2位京田陽太選手が3ベース

京田陽太, 日本大, 東海大北海道, 水野滉也

明治神宮大会では日大vs東海大北海道の試合が行われ、中日ドラフト2位の日大・京田陽太選手が、横浜DeNAドラフト2位の水野滉也選手からタイムリー3ベースヒットを放った。

セリーグ・ドラフト2位

ドラフト1位指名で柳裕也投手の指名が重複した中日と横浜DeNA、この日はその両チームのドラフト2位指名選手の対決となった。

東海大北海道は水野投手が先発し、1回1アウト1塁で3番の京田陽太選手を迎える。京田選手は「次の世界の事も考え、大会3日前にグリップを少しいじり、振りぬきやすいようにしました」と話したバットを一閃、打球は右中間を割った。そして京田選手は快足を飛ばして3塁まで到達、水野選手との対決を制した。

水野選手はその後もヒットを重ね、2回2/3を投げて8安打2四死球で4失点、3回途中で降板した。水野投手は大会前に高熱を出し本調子に遠く、1回戦も先発を回避していた。

水野選手は「次はしっかり借りを返せるよう、練習してく」と話した。

プロ前の対決では京田選手が結果を残したが、中日と横浜DeNA、今後もこの対戦は続いていく。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

3日前にバットのグリップをタイ・カッブモデルに替え、「楽に握れて振り抜きやすくなった」と効果を口にした。

水野は「京田には、次は借りを返したい」とプロでのリベンジを口にした。


PAGE TOP