明治大が有終の美、柳・星は2枚看板からライバルチームのエースへ

明治大, 星知弥, 柳裕也

明治神宮大会大学の部決勝は、明治大が桜美林大を5-2で下し優勝した。中日ドラフト1位の柳裕也投手、東京ヤクルトドラフト2位の星知弥投手がリレーした。明治の2枚看板は来年からライバルチームのエースへと向かう。

2枚看板

この日も先発は柳裕也投手だった。関西大戦、上武大戦と3試合連続の先発だった。今大会は柳投手は調子は良くなかった。この日も球速は140キロ止まり、初回にタイムリー3ベースヒットなどで2点を失った。それ以降も4回まで5安打を許し三振は3つだけ、しかし無四球と打たせていく投球で粘りを見せた。4回5安打3奪三振0四死球で2失点、柳投手は4回で降板し、これが大学最後の登板となった。

5回からは星知弥投手が登板する。星投手はこれまでの2試合でリリーフで登板し無失点に抑えてきた。この日は5回からの登板となったが最速は149キロを記録、5回を2安打5奪三振1四死球と安定した投球で無失点に抑えた。また8回には昨日の柳投手に続き投手でホームランを放った。

9回最後の球は149キロを記録、見事に空振り三振に仕留め胴上げ投手となった。今大会は3試合にリリーフし9回1/3を無失点と、調子の悪いエースを支え、最後は胴上げ投手となった。大学1年で154キロを記録したものの制球不足で先発を任される投手ではなかった。そして同じ1年生に柳投手がいた。柳投手は2年時には先発として投げていたが、星投手は短いイニングの登板にとどまった。

4年春は2枚看板として期待されたものの1勝どまり、しかしこれがリーグ戦初勝利となり、長いイニングも抑える力を見せた。そして秋のリーグ戦は2枚看板として3勝を記録、150キロの球が打たれない球になった。

ライバルへ

2枚看板として登板してきた柳投手と星投手は、来年からセリーグのライバルチームで投げる。この日は東京ヤクルトの橿淵スカウトが視察し、「大きな壁を乗り越えて日本一になったことを、スワローズ人生への糧としてほしい。夏から変化球の制球力がついた。球の力、スピードという、自分のよさを忘れずにやってほしい」と話した。衣笠球団社長兼オーナー代行は「優勝して、いい運を持ってきてくれそうだね」と話した。

最後に優勝を果たし、2枚看板は涙を流して抱き合った。星投手は「プロに行っても、切磋琢磨してやっていきたい」と話した。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

神宮を主戦場にする星は「プロに行っても、切磋琢磨(せっさたくま)してやっていきたい」と決意を新たにした。

大学最後の一球は、気迫の直球。149キロで空振り三振に仕留め、星は両手を高々と掲げた。

星 「(柳には)“4年間ありがとう”と。柳がいたからこそ、成長できた」
柳 「星に助けてもらった。自分と星で最後の試合に投げて勝ててよかった」

衣笠球団社長兼オーナー代行は「優勝して、いい運を持ってきてくれそうだね」と笑顔だった。


PAGE TOP