首都大学リーグ、東海大、帝京大が2連敗

佐々木千隼, 大場遼太郎, 大貫晋一, 松本航, 野々村高志

 首都大学リーグは東海大と帝京大が2連敗スタートとなった。勝率で優勝が決まる首都大学リーグでこの2敗は響きそうだ。

波乱

 東海大は土曜日は4年生の中川皓太投手が先発したものの4回までに3点を失うと、打線が日体大の1年生で明石商で147キロの速球を投げて注目された松本航投手に9回5安打1失点に抑えられた。そして日曜日は3年生で春のリーグ戦で日体大を相手に完全試合を達成している丸山泰資投手が先発し8回途中まで2失点も、日体大の4年生・大貫晋一投手に打線が1失点に抑えられた。今年のドラフト候補の吉田侑樹投手はリリーフで登板し1回1/3を投げてノーヒットに抑えている。

 帝京大は日曜日のこの日、ドラフト候補の西村天裕投手が登板、2失点完投をしたものの、東京経済大の4年生左腕・浅野優介投手に1点に抑えられ連敗した。

 桜美林大は来年のドラフト候補・佐々木千隼投手が149キロを記録する快投で城西大を7回3安打無失点に抑えるとこの日も勝利し2勝、筑波大も初戦で145キロ右腕の野々村高志投手が5回1安打無失点、日曜日も2年生で日大三出身の小柄な147キロエース・大場遼太郎投手が9回3安打無失点で完封した。

 来季から6チーム制に戻る首都大学リーグ、2部になる2チームの決め方はまだ決まっていないようだが、東海大や帝京大が降格となる可能性もある。また日体大・松本投手、筑波大・大場投手と下級生で高校時代に注目された投手が活躍を見せ、東海大1強時代から変わるかもしれない。

2015年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト

筑波大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

桜美林大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP