慶大・谷田成吾選手4試合連続はならず、岩見雅紀選手、山本泰寛選手がホームラン

山本泰寛, 山本瑛太, 岩見雅紀, 慶応大

東京六大学の慶大vs法大の試合では、開幕カードで3試合連続ホームランを放った慶大・谷田成吾選手に注目されたが、ホームランは出なかった。4年生の山本泰寛選手、3年生の山本瑛太選手、2年生の岩見雅紀選手がホームランを放った。

ホームラン

立教大とのカードで3試合連続ホームランを放った慶大・谷田成吾選手、4試合連続の期待があったものの、この日は4番に入り5打数1安打2三振に終わった。やっぱり素質の良い選手とプロのスカウトも改めて評価したものの、ここで踏ん張って今季は最後まで活躍しなければ、ムラがあることでドラフト会議で指名しにくくなってしまう。継続して活躍することが重要だ。

3番に入った横尾俊建選手も5打数1安打1三振の終わったが、この日は1番の山本泰寛選手が4回にホームランを放つと、7回には代打で出場した2年生スラッガーの岩見雅紀選手が3ランホームラン、3年生の山本瑛太選手が2者連続のホームランを放ち、法大を突き放した。

山本泰選手は俊足もある遊撃手でプロも注目している。プロ志望も伝えられておりドラフト会議で指名の可能性もある。また3年生の山本瑛選手は高校までアメリカでプレーしていた選手。2年生の岩見選手は比叡山高校で通算47本塁打を記録したスラッガーで、1浪して慶大に入学している。慶大グラウンドではレフトのネットを越すホームランを何度も放っているというスラッガーで、右のスラッガーとして育ってほしい選手。

いろんなタイプの選手がそろう慶大、今年から就任した大久保監督によってどんな選手が育ってくるのか注目したい。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

感触は完璧だった。5―3の7回2死二、三塁。代打で起用された岩見が、甘く入った変化球を左翼席中段へ運んだ。リーグ戦初アーチに「純粋にうれしい」と目尻を下げた。比叡山(滋賀)で47本塁打を放った大砲は「東京六大学でやりたかった」と1浪の末に入学した。慶大グラウンドの左翼ネット後方の民家に何度も打ち込み、大久保秀昭監督は「近所の家にさんざん迷惑をかけているので」と冗談交じりに称えた。


PAGE TOP