駒大が最下位、入れ替え戦に

原樹理, 尾松義生, 拓殖大, 東洋大, 駒澤大

東都大学リーグでは、昨年秋に明治神宮大会で優勝をしている駒澤大が最下位となり、2部1位との入れ替え戦に回ることが決まった。

投打ともに調子上がらず

駒澤大は昨年秋のエース今永昇太投手が7勝を挙げ、また明治神宮大会では1年生だった東野龍二投手が快投を見せた。また阪神にドラフト3位で指名された江越大賀選手が打線を引っ張り全国制覇をした。

それから1年、打線は核がいなくなり1年生の岡田耕太選手などが春にホームランを放ち期待れるものの調子が上がらず、投手もエースの今永昇太投手が肩を故障し、春はなんとか東野投手が奮闘して4位に踏みとどまったものの、この日は東野投手が2試合連続の先発のマウンドで初回に4失点し、最下位が確定した。

全国大会で優勝するよりもリーグ戦で1部に残る方が大変ともいわれる戦国東都、今年は駒大がその苦しみを味わっている。今永投手は入れ替え戦が大学最後のピッチングという事になりそうだ。

 

2部からは

東都2部も壮絶だ。ドラフト1位候補に名前の上がる吉田正尚選手のいる青山学院大が現在5位で最終週の国士舘大との戦い次第では3部との入れ替え戦という可能性もある。

そして1位を争うのは今季から2部に降格した拓殖大と東洋大、勝ち点はともに3、今週末に直接対決が行われ勝った方が勝ち点4となり、駒澤大との入れ替え戦を戦う事になる。

東洋大はドラフト候補の原樹理投手が5勝2敗、拓殖大のエースの尾松義生投手が6勝1敗の成績で、エース同士の2試合連続の登板という事になるかもしれない。

駒澤大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

拓殖大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP