東都入れ替え、横浜DeNAドラフト1位の今永昇太投手が大量失点で2部降格

今永昇太, 駒澤大

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦、駒澤大はエースの今永昇太投手を先発に送り出したものの、まさかの大量失点で点差が開き万事休す、2部降格が決まった。

抑えきれず

1戦目で3安打12奪三振で完封していた今永昇太投手、西村監督も2回戦は登板させずにこの日の先発にかけて送り出した。2回までは4奪三振と1戦目と同様に好調さを見せた。しかし3回に不運なヒットなどから失点すると、3つの四死球で押し出しなど乱れて3点を失った。

5回にも3本のヒットで満塁とし走者一掃の2ベースヒットを浴びて3失点、6回にもヒットを重ねられて3失点した。5回1/3で11安打を浴び、奪った三振も5つ、自責点9でマウンドを降りた。今永投手は「負ければ降格というところで、弱いまま終わってしまった」、「原は1年間チームを支え、自分は春秋と何も残せなかった。その違いが3戦目に出た」と話した。

視察した横浜DeNAの武居スカウトは「不運な安打もあったしボール自体は悪くなかった。この悔しさをもってプロで頑張ってほしい」と話した。原投手への借りはプロで返す。

昨年は明治神宮大会で優勝し、そのマウンドにいた今永投手。1年たって今度は2部降格という厳しい現実を見ることとなった。西村監督は「今永しかいなかったので仕方ない。投げて打つだけでなく走塁も含めて鍛え直し、早く戻ってきたい。」と話した。

 

駒澤大の敗因と今後

昨年までは投げては今永投手が、そして打っては江越大河選手や白崎浩之選手、さらに捕手でも戸柱恭孝選手のような野手陣も人材がそろっていた。しかし野手の軸が抜けると、攻撃陣は非常に厳しいものとなった。この日も7つの四死球をもらったにもかかわらず4安打に終わり1点しか奪えなかった。

とにかくバットが振りが良くない。点を取れる感じがしない迫力のない打線は少し時間がかかるかもしれない。それでも1年生の長壱成捕手は、1戦目でも終盤に今永投手の球を受けて正捕手候補として育っていきそうだ。また同じく1年生の岡田耕太捕手も敦賀気比出身で打撃が期待できる。2年生の1番バッター・米満一聖選手、3年生で4番を打つ松尾昭典選手などが引っ張り、1年生や来年チームに入る中道大波選手などを鍛えるしかない。

投手も昨年の明治神宮大会で活躍し期待された東野龍二投手が今シーズンは厳しい投球となった。来年入学してくる中京大中京の上野翔太郎投手や近江の小川良憲投手投手などが1年目から起用される事になりそうだ。本来ならば余裕をもって育ててほしかった投手だが、1部昇格に向けて登板が多くなる不安もある。故障をした今永投手を大切に起用した西村監督に期待したい。

駒澤大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 DeNAのドラフト1位左腕、駒大・今永は、9失点で大学最後のマウンドを終えると「(東洋大の)原は1年間チームを支え、自分は春秋と何も残せなかった。その違いが3戦目に出た」と静かに振り返った。

 2回まで4奪三振も3回、バント安打から適時打を浴び、押し出しなどで3失点。5回も4連打を浴びるなど、修正できないまま6回途中11安打9失点の内容に「負ければ何を言っても言い訳になる。負けては駄目なんです」。


PAGE TOP