上武大がコールド勝利、2番・鳥巣誉議選手が打線の軸に

吉田高彰, 山下仁, 山本晃希, 高椋俊平, 鳥巣誉議

上武大vs九州国際大の試合は7-0で7回コールドで上武大が勝利も、素質のある選手が目立った。

下級生にも素質光る選手

勝利した上武大は2番サードで出場した2年生の鳥巣誉議選手が素晴らしかった。初回に先制のヒット、7回にもタイムリーヒットを放ち2安打2打点を記録したが、ともに内角低めに投手がきっちりと投げた球をはじき返し、投手に与えたダメージは大きいとみられる。相手投手に「今日はよくないかも」と思わせる恐怖の2番バッターが上武大の打線のキーマンとなっている。

また7番捕手で出場した吉田高彰選手が4打数3安打2打点を記録、1年生ながらしっかりとしたスイングができ、リードでも3年生エースの山下仁投手をリードして7回を4安打無失点に抑えるなど攻守に輝きを見せた。智弁学園では巨人が昨年のドラフトで1位指名した岡本和真選手とともに春・夏の甲子園を経験している。

一方、九州国際大も2番手で登板したエース格の1年生・高椋俊平投手は鋭く曲がるスライダーと、外角低めに伸びる筋の良いストレートを見せた。3回1/3で6安打5奪三振1四死球で2失点と結果は伴わなかったが、この経験でさらにストレートに磨きをかけてほしい。

2年生の宮城知秀選手は3番ショートで出場したが、2つの四死球を選び1打数0安打だった。

上武大は4番の中稔真選手をはじめバランスが非常に良いチーム、九州国際大は伊藤監督が「投手も野手も舞い上がっていましたね。」と話し本来の調子が出せなかったものの、山本晃希投手も2/3回で2失点だったものの最速144キロを記録し素質の良さを見せた。1年生投手2人が全国を経験し、さらに成長してくれることを期待したい。

明治神宮大会大学の部の組み合わせと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

九州国際大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP