見せた4年生の意地、亜細亜大が決勝進出

亜細亜大, 北村祥治, 山下翼, 花城直, 藤岡裕大, 長谷川頌磨

明治神宮大会大学の部の準決勝、亜細亜大vs東海大の試合は亜細亜大が4年生の意地の活躍で終盤に逆転勝利し決勝進出を決めた。

4年生の意地

5回まで無失点抑えられ、リードを許していた亜細亜大だったが、4年生の意地が逆転劇を見せた。

序盤2回にはランナーを3塁に置いた場面でショートの北村祥治選手がスーパープレーを見せて先制点を許さず、3回にはサードの藤岡裕大選手が送りバントにチャージして進塁を許さなかった。まずはドラフト候補として名前が挙がりながら指名されなった二人が守備で意地を見せた。

そして1-3で迎えた7回裏、天理出身の4年生・長谷川頌磨選手が代打で登場すると思い切りの良いスイングでライトスタンドにホームラン、8回にはヒットで出塁した宗接唯人の代走として、高校時代から快足が注目された山下翼選手が登場するとすかさず盗塁を決めた。

そして続く代打の来年のドラフト候補・水本弦選手の2ランホームランが飛び出して4-3と逆転、最後は4年生の花城直投手が1回を締めて勝利した。

 

黄金世代

現在の4年生の世代は、1年春から3年春まで5季連続優勝をしている無敗の黄金世代だった。しかし上級生の東浜巨投手、九里亜蓮投手、山崎康晃投手が卒業していくと昨年秋は4位と今春は5位と低迷してしまう。それでもこの秋にはエース投手が不在でも再びリーグ制覇をした。

代打でホームランを放った長谷川頌磨選手は今大会も入れ替わりでベンチ入りした4年生、また山下翼投手は50m5秒台の俊足で九州学院でも活躍を見せ注目されていたが、大学4年間で目立つ活躍はあまり見られなかった。花城直投手も八重山高校時代から148キロの速球が注目され、この世代のエースと目されていたが黄色靱帯骨化症を発症してしまう。4年生になると見事に復帰をしたが、プロ入りの夢は先へと伸びた。

ドラフト会議で指名されなかった北村祥治選手や藤岡裕大選手も含めてこれからどんな進路に進むのかはまだ分からないが、黄金世代としてレギュラーでも控えでも4年間頑張り、大学最後の意地を見せた事は、きっと良いものにつながっていくと思う。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP