東都リーグ開幕、ドラフト候補野手は無安打多く・・・

北村拓己, 嘉陽宗一郎, 法兼駿, 石倉嵩也, 諏訪洸, 高橋礼

東都大学リーグ1部も開幕し、国学院大が亜細亜大に7-6で、東洋大が専修大に8-3で勝利した。ドラフト候補野手が多く登場したが無安打の選手が多かった。

亜細亜大逆転負け

亜細亜大は常葉橘高校時代に注目された3年生左腕・高橋遥人投手が開幕投手を務めたが、初回にいきなり5失点をし、4回を投げて7安打4四死球5失点という結果に終わった。しかし、北村祥治選手や藤岡裕大選手などが抜けた打線は、1番・法兼駿選手が2安打、3番に入った北村祥治選手の弟の北村拓己選手が5打数3安打2打点と繋がりを見せ、8回に6-5と逆転を見せた。

投手も2番手の嘉陽宗一郎投手が2回を1安打1四死球も4奪三振と力投を見せていたが、8回に登板した昨年のエース・諏訪洸投手が3安打で2失点、1アウトしか取れずに降板をした。諏訪投手は生田監督に練習態度を咎められ、今春の鹿児島キャンプに帯同せず、オープン戦でも1試合も登板していなかった。いきなりの登板だったが結果はだせず、生田監督も「やはり諏訪は駄目でしたね」と話した。

生田監督はこれまでも、山崎康晃投手や藤岡裕大選手などにも練習態度を咎め、ベンチから外すなどをしている。期待の表れでもあると思うが、ドラフト候補にも挙がっている諏訪洸投手にとっては大切な4年生春のシーズンであり、苦しい立場となった。

尚、国学院大の久保田昌也選手選手は3番センターで出場したものの4打数ノーヒットだった。

東洋大が1部勝利

東洋大は4年生の石倉嵩也投手が先発すると、9回7安打5奪三振3四死球で3失点にまとめて完投勝利を挙げた。1部昇格を果たした東洋大は久々の1部勝利となる。

一方、昨年春に2部昇格を果たしいきなり優勝をした専修大だったが、エースと期待した3年のアンダースロー・高橋礼投手が、4回途中までに6失点しまさかのノックアウトとなった。高橋投手は大学代表にも名を連ねる期待のアンダースローで、リリーフだと確実な結果を残すが、先発ではまだ安定感が足りない印象。何が足りないのかをこの春に見つけて、遅くとも秋には先発で結果を出したい。

この試合でもドラフト候補の東洋大・笹川晃平選手は2打数ノーヒット、阿部健太郎選手も3打数ノーヒット、専修大の森山恵佑選手も3打数ノーヒット1打点だった。

東都大学リーグ今日開幕!日程や注目選手など紹介 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

昨秋4勝した左腕はオープン戦を含め、実戦登板ゼロでのぶっつけ本番。監督は「練習態度など問題があり、キャンプにも連れていかなかった。奮起するかと期待したけど無理だった」と苦笑した。


PAGE TOP