亜細亜大が勝利、1年生・山本卓弥選手が3打数3安打

亜細亜大, 山本卓弥

亜細亜大は1年生の山本卓弥選手がリーグ戦初出場で3打数3安打を記録、勝利に貢献した。亜細亜大は優勝の可能性を残す。

チームまとまる

山本卓弥選手は神村学園出身で185cm85kgの左打者。持ち前のパワーで高校2年時のセンバツで3ランホームランを放ち、また広角にヒットを打てる打撃センスの高い選手とプロも注目をしていた。

その山本選手は4月に左膝半月板を損傷しここまでリーグ戦出場はなかったが、この日は8番レフトでスタメン出場すると、初打席でレフト前ヒット、8回にはライトフェンス直撃の2ベースヒットを打ち、3打数3安打2得点を記録した。このまま順調に成長してほしい選手。

また亜細亜大はこの日は1番から9番まで全員安打で13安打を記録、投げても山田義貴投手がコントロールを重視する投球で8回5安打2奪三振1失点に抑え、9回は嘉陽宗一郎投手が無失点に抑えた。

今シーズンの開幕戦は国学院大に2連敗し、エースと期待された諏訪洸投手がいろいろとあったようで本調子ではなく不安視されていたが、4月中旬に社会人チームとの練習試合で連敗し、亜細亜大らしいチームのまとまりが生まれた。これで亜細亜大は開幕の2連敗以降は5連勝となり、首位国学院大を追いかける。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2019年度-大学生のドラフト候補リスト

4月に左膝半月板を損傷して出遅れた山本が「8番・左翼」でリーグ戦初出場初先発し、2回の初打席でいきなり左前打。8回にも右翼フェンス直撃の二塁打を放つなど、3打数3安打2得点1死球の大暴れだった。

亜大の先発の山田義が、強振が持ち味の専大を8回5安打1失点に抑え、2季連続優勝へ希望をつないだ。「原点の外角低めへと考え、コントロール重視でした」。球速を抑えた直球にスライダー、ツーシーム、スローカーブで翻弄した。

速球の最速こそ140キロに満たないが、徹底的に低めを意識した投球が光った。生田勉監督(49)の助言でフォームのテイクバックを小さくして、スピードへのこだわりを捨てた。


PAGE TOP