東都リーグは中央大が1部残留、青学大はチャンス作れず

中央大, 伊藤優輔, 岡野祐一郎, 青山学院大

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦は、中央大が青学大を2-0で下し1部残留を決めた。2年生の伊藤優輔投手が1戦目とは全く違った投球を見せ、青学大にチャンスを与えなかった。

2試合連続完封で1部残留

この日先発した2年生エースの伊藤優輔投手は、140キロ中盤の速球に加えコントロールも安定し、8回を投げて3安打1四球、打たせて取る投球でチャンスを与えず無失点に抑えた。そして9回は昨日完封勝利をしている152キロ右腕の鍬原拓也投手が1回を1安打無失点に抑え、完封リレーで青学大を封じた。

伊藤投手は1戦目に先発したものの6回途中までに5安打を許し3つの四死球を与え、ピンチを背負いながらの投球だった。それでも2失点に抑えていたのだが、試合のリズムを作れずに終盤に逆転負けをしていた。しかしこの日は。「思い切ってやろうと開き直れた。」と話し、しっかりと腕を振ってコントロールよく投げることができていた。

中央大は今季は開幕から8連敗して6位が決定、最後の専修大との試合では2連勝して入れ替え戦を迎えていた。昨年秋の伊藤投手の成長や主将の松田進選手もおり開幕前の評判は悪くなかったが、投打にバランスを欠く内容で接戦を落とし続けた。しかし最後の最後に2年生の伊藤投手、3年生の鍬原投手が素晴らしい投球を見せた。

6位が決定してからこの日までは厳しい思いの中で練習をしてきたと思う。そしてこの入れ替え戦の2試合連続完封と結果を残した。この思いを続けて夏を乗り越えられれば、秋は1部で優勝できるだろう。

青学大は出直し

一方、敗れた青学大は秋は再び2部で戦う事になる。今季は5カード中4カードで初戦を落としながらも2戦目、3戦目を勝利して勝ち点を奪っていた。10勝4敗で勝ち点5の優勝だった。エース岡野祐一郎投手はこの入れ替え戦でも1戦目は6回7安打4失点とよくなかったものの先勝、この日も決して調子は良くなかったと思うが6回途中まで2失点に抑える粘りの投球をした。しかしその2点が大きく響いた。

秋は岡野投手も初戦をしっかり取れるエースとして成長を期待したいし、好投手を打ち崩す破壊力のある打線を作ってほしい。メンバーを見ると素質十分の選手がそろっており、もっと上を目指して成長を期待したい。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

青山学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

都小山台で14年センバツに出場した右腕・伊藤が8回3安打1四球で無失点。今春リーグ戦後に足の上げ方を修正し、制球力が向上。「思い切ってやろうと開き直れた。秋は優勝して歓喜を味わいたい」。主将の松田は「体の力が抜けました。秋は素直に一からやり直したい」と決意を新たにした。

3回2死二塁で、中大・吉田叡生(としき)左翼手(2年=佐野日大)の打球は一塁へのゴロ。しかし、一塁ベースカバーに入った相手先発の右腕・岡野祐一郎(4年=聖光学院)が送球を捕れず、投手のタイムリーエラーで先取点が転がり込んだ。


PAGE TOP