2013年都市対抗野球、10日目の対戦カードと注目選手

都市対抗野球が開幕、10日目の対戦カードと注目選手をまとめました。

 

 第1試合

ヤマハ(浜松市) 東芝(川崎市)
萩原圭悟
内野手 1年
181cm85kg
右左
大阪桐蔭、関学大で4番、主砲B 松本幸一郎
内野手 1年
178cm78kg
右左
立大時代にプロも上位候補として注目。巧打と堅守B
大野健介
投手 2年
169cm62kg
左左
静商、早大で活躍、小柄ながら143km/h速球キレあるC 萩野裕輔
投手 1年
181cm78kg
左左
東北福祉大でエース、プロの指名を待った。1年目から活躍B
安永征司
投手 4年
180cm90kg
右右
九国大出身、130km台ながら好投見せるC 佐藤翔太
投手 1年
178cm74kg
右右
東洋大姫路時代にプロ注目の大学では伸び悩んだ、実力高いB
柿田裕太
投手 3年
180cm75kg
右右
高校時からプロ注目、春の大会でもエースとしてプロ注目B 埜口卓哉
投手 3年
184cm83kg
右右
国学大出身、149kmの速球も打たせて取る投球C
矢部広大
投手 3年
180cm87kg
右右
浜松大時代12勝、143kmのストレートで抑えC 松永隆太
外野手 4年
175cm80kg
右右
チャンスに強いバッティングC
長谷川雄一
外野手 3年
177cm80kg
右右
近大でベストナインなど記録、打撃センス高いB     

 

第2試合

JR東日本(東京都) 日本製紙石巻(石巻市)
石川修平
捕手 4年
180cm78kg
右右
強肩に好リードで多彩な投手陣リードB 佐々木拓也
投手 3年
180cm77kg
右右
浦添商時代に145km/h記録し注目されたC
吉田一将
投手 2年
191cm89kg
右左
150kkm/h速球を投げ下ろす本格派
ドラフト1位候補
A 木田幸宏
投手 2年
177cm77kg
右右
145km/h速球で安定した投球C
白崎勇気
投手 2年
178cm70kg
右右
駒大のエースとして早くからプロ注目。
144km/hはキレの良いが今年不調
B 伊場竜太
捕手 2年
175cm85kg
右右
中学時代から注目されたが、高校大学で伸び悩みもC
岩澤寿和
外野手 1年
180cm80kg
右右
岡山大会で打率.533を記録し活躍見せたB 佐藤将太郎
投手 2年
177cm83kg
右右
144km/hで高校、大学と注目されたB
佐々木孝樹
外野手 1年
181cm78kg
右左
早大時にドラフト候補も骨折で社会人入り、身体能力抜群B 伊東亮大
投手 2年
194cm90kg
左左
伊東昂大投手の兄、大型左腕C
飯田哲矢
投手 1年
182cm79kg
左左
左の先発、130km/hも安定感を見せるB 相原和友
投手 2年
186cm73kg
左左
昨年都市対抗でプロが高く評価B
田中広輔
内野手 2年
172cm78kg
右左
社会人屈指のリードオフマンとしてプロ注目A     


第3試合

パナソニック(門真市) 新日鐵住金かずさマジック(君津市)
秋吉亮
投手 3年
182cm76kg
右右
中央学院大では日本選手権で活躍。148kmサイドスローA 久保貴広
投手 3年
181cm76kg
右右
147km/h右腕として注目C
藤井聖太
投手 2年
180cm79kg
右右
関西国際大出、147km/hが切れが良い時は手が付けられないB 米田真幸
内野手 4年
181cm72kg
右左
大型だが足のある選手C
井上貴晴
外野手 1年
180cm85kg
右左
まだ確実性低いものの特大弾を記録するパワーの持ち主B 岡本健
投手 3年
177cm76kg
右右
神戸国際付から3年目で今年解禁
春の大会で活躍
B
若松政宏
外野手 3年
180cm90kg
右右
近大時代に4割越えを記録B 鷲尾拓也
投手 2年
170cm74kg
右右
小柄だが国学大でエースとして活躍B
田中宗一郎
外野手 3年
175cm85kg
右左
立大では4年春に4本塁打記録C 中根久貴
投手 2年
182cm75kg
右右
愛知学院大で146km/h記録C
足立祐一
捕手 2年
176cm77kg
右右
神奈川大で好リード、1年目から社会人で活躍B 村松伸哉
投手 3年
190cm87kg
右右
大学1年で150km/h記録C

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント