選抜高校野球大会(2015年)6日目の組み合わせと注目選手

センバツ大会6日目の対戦カードと注目選手です。

第1試合

 東海大四は大沢投手のキレの良い球が光る。対する豊橋工の森投手は大会屈指の投手。秋は肩を痛めており、最後の方は球威もかなり衰えていたが、肩が回復していれば相当のピッチングが見られるはず。

東海大四高校
酒本永遠2年
178cm78kg 右右
 1年次に明治神宮大会において背番号13番でベンチ入り。名前は「とわ」。B
大沢志意也3年
右右
130km/h後半の速球とスライダーで三振を奪い、2年秋の札幌龍谷学園戦で1安打10奪三振完封。  2年夏は背番号18でベンチ入り、秋からはエースとなる。B
斎藤龍生3年
180cm70kg 右右
明治神宮大会では背番号5。C
冨田勇輝3年
173cm65kg 右左
広角に鋭い打球を放つバッティングセンス抜群の選手!C
山本浩平3年
175cm72kg 右左
俊足巧打で打撃センス抜群のバッター。明治神宮大会では背番号9番。C
豊橋工業高校
森奎真3年
182cm70kg 右右
キレが良い球を投げるピッチャーだよ。B

 

 

第2試合

  強さを見せた初戦、2012年に春・夏共に甲子園決勝で戦った両校の対決、その時は藤浪晋太郎・森友哉の大阪桐蔭が春夏共に制覇、北條史也、田村龍弘の光星学院は春夏準優勝に終わった。その時のリベンジ果たせるか。

八戸学院光星高校
日田諒2年
178cm74kg 右左
 シャープなバッティングに広い守備範囲が特徴B
櫻井一樹2年
172cm75kg 右右
 小学生の時はヤクルトスワローズジュニアに選出され、エースとして活躍していた 
新井勝寛3年
173cm76kg 右右
 秋季全試合で七ホーマー。恐怖の一番打者 新井勝徳選手の従兄弟B
中川優3年
169cm84kg 右右
 オール羽曳野ボーイズ出身で、サード、ファーストを守っていたが投手としても登板していた。  高校に入学すると本格的に投手に転向し、86kgあった体重を84kgまB
馬場龍星3年
170cm72kg 右右
 能力が高いキャッチャーですB
八木彬3年
179cm82kg 右右
 八戸学院光星に入学すると、1年春に練習試合で先発し140km/hを記録して2完封を挙げるなど期待されている右腕。  夏の前に右肩を痛めると、夏の青森大会準々決B
足立悠哉3年
176cm68kg 右左
 攻 走 守 三拍子揃ったセンスが良い巧打の内野手C
呉屋開斗3年
177cm68kg 左左
 キレの良い球と、曲がりの大きな変化球を投げる左腕投手。1年秋はリリーフとして4試合に登板し、合計9回1/3を6安打8奪三振6死四球で無失点に抑えている。C
中崎寿希也3年
176cm70kg 右右
 抜群のミート力を誇り巧みなバットコントロールで広角に鋭い打球が打てる 生駒市立光明中学校時代は、生駒ボーイズクラブに所属。C
澤田俊一3年
175cm83kg 右右
 光星の四番バッター 
加角翔太3年
163cm76kg 右左
 シャープな打撃がウリの俊足外野手。 東北大会の山形城北戦では適時打を放つなど勝負強さも見せつけた。 
大阪桐蔭
森太一2年
175cm70kg 右左
 どこでも守れるユーティリティープレイヤーだが、長打力、走力、強肩も兼ね備えており、かなり期待できる選手。 中学の時は関西四天王と呼ばれており、甲子園出場、プロA
江島幸二2年
174cm68kg 右右
 威力があるストレートを投げるよ。B
岩本悠生2年
180cm72kg 左左
 ボーイズリーグ九州No1左腕。京築ボーイズのエース。 小学生時代から全国制覇1回、ソフトバンクホークスjr。九国大付の若生監督からプロになれる素材と惚れ込まれB
浦野龍生2年
173cm68kg 右右
 リプケン世界大会で世界一B
古寺宏輝2年
176cm72kg 右右
 中学は福岡県のボーイズに所属、守備はザツな面があるが打撃は右方向に大きいのが打てる長距離打者。中学時代の打率はかなりすごかった印象があった。福岡組の先輩の香月、B
松山心2年
171cm73kg 右右
 中学時代から関西NO1 セカンドと呼ばれている逸材 走攻守三拍子揃って楽しみなプレーヤーB
越智泰弘2年
172cm72kg 左左
 神戸須磨クラブ出身。15Uアジア・チャレンジマッチ2013代表選手。C
青柳昴樹3年
183cm85kg 右右
 身体能力が高く体にパワーがあり力強いスイングから鋭い打球を放つ強打者B
原田知希3年
179cm70kg 右右
 能力が高い強肩強打の捕手!B
福田光輝3年
174cm68kg 右左
 センス抜群で攻守にレベルが高い能力が高い遊撃手!B
松井孝太郎3年
178cm68kg 左左
 手足が長く球持ちが良くしなやか腕の振りからキレが良い球を投げる投手です。B
宮本佳汰3年
184cm72kg 右右
 右上からの本格派。地肩の強さとしなやかな上体を活かしストレートは143㌔。スムーズな体重移動が出来る下半身を冬越えで作ると楽しみな選手。B
田中誠也3年
170cm60kg 左左
 2年生で迎えた2014年春季大阪大会決勝では、センバツ準優勝の履正社戦で先発を任されると、5失点ながら完投勝利を飾った。  最速は136km/hだが、カーブ、C
玉山滉大3年
175cm70kg 右左
 天性の長距離ヒッター 最後の選手権でも技術の高いバットコントロールに ピッチャーとしても制球力のある安定したピッチング 名門摂津シニアで中軸を担ったバッタC
萩原信成3年
177cm70kg 右左
 スイングスピードが速くシュアなバッティングで広角に鋭い打球を放ち広角に長打を打てる強打者C

 

 

第3試合

 常総学院は抜群のチーム力を見せて勝ち進んだ。今治西は投手のコントロールが悪くギリギリの勝利だった。力の差があるかもしれない。今治西4番の藤原選手は死球の影響が無ければ良いが。

常総学院高校
樫村雄大2年
178cm83kg 右右
 1年生ながらがっしりした体格で135km/hの重い球を投げる。カーブ、スライダー、フォークなど変化球もあり、同じ1年生の鈴木と交互に先発、リリーフで登板する。B
清水風馬2年
178cm83kg 右右
 鋭いスイングから勝負強い打撃を見せ、1年生で常総学院のサードで出場する。秋の関東大会はエラーなどで交代させられたが、素質の高い選手。B
鈴木昭汰2年
175cm68kg 左左
 130km/h前後のストレート、スライダー、カーブを低めに集める実戦的なサウスポー 1年春の準決勝・水戸工業戦に先発し3回途中まで無失点、夏は背番号19B
石井大貴3年
171cm80kg 左左
 どっしりとしていて力強いスイングから鋭い打球を放つ強打者B
宇草孔基3年
183cm71kg 右左
 183cmの長身ながら50m6.1秒の俊足がある身体能力の高い選手。1番バッターで関東大会3試合では10打数4安打2盗塁。大型セカンドとしてプロも注目している。B
千本松貴樹3年
177cm68kg 右右
 走攻守三拍子揃ったセンス抜群の強肩強打のキャッチャーB
皆神裕平3年
181cm80kg 右右
 走攻守三拍子揃っているセンス抜群で能力が高い遊撃手B
仙田直也3年
171cm70kg 右左
 運動能力が高く抜群のバットコントロールでヒットを量産する走攻守三拍子揃っている外野手C
井上真幸3年
185cm71kg 右右
 185cm の長身から最速143km/hを計測するストレートを武器にする素材型投手 高校入学から2年秋までに10km/hの球速アップに成功。2年秋の関東大 
菅原一泰3年
175cm70kg 右右
 昨秋の県大会準決勝・土浦湖北戦で、3−2の九回表にマウンドを任された。逆転直後の大事な場面。「チームが盛り上がっている中、気持ちを引き締めないといけなかった。何 
竹内諒3年
165cm60kg 右左
 身長は登録選手のうち最も小さい165センチ。50メートル6・2秒の俊足を生かし、昨秋の公式戦ではチーム最多の7盗塁を記録した。本人は「与えられた仕事をやっている 
箭内幹太郎3年
171cm70kg 右左
 関東地区大会への出場を懸けた昨秋の県大会準決勝、土浦湖北戦。七回まで4安打に抑えられ、0−2の八回裏無死三塁、反撃機に打席に立ったのは、背番号「20」だった。「 
和田慎吾3年
186cm78kg 右右
 甲子園常連校のメンバーとして、頭一つ抜け出せる自身の持ち味を探した。昨年冬の紅白戦で本塁打を放ったことをきっかけに、長打力での勝負を決意。昨春、初めて背番号「8 
今治西高校
吉本春悟2年
173cm68kg 右右
 威力がある球を投げるピッチャーだよ。C
藤原睦来3年
182cm77kg 右右
 身体能力が高い俊足強打の外野手B

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント