【大学野球開幕】東京六大学リーグの展望

 社会人のスポニチ大会、高校生のセンバツ大会が開催され、そしていよいよ大学野球のリーグ戦がスタートします。注目のリーグの展望と注目選手をまとめてみます。

 まずは注目の東京六大学リーグ、4年生で選手が揃っているのは慶応大と立教大、法大でしょうか。特に慶応大は福谷、竹内の左右のエースが1年生から活躍を見せていて今年が集大成となります。阿加多、山崎といった野手も注目選手が多く、伊藤隼太が抜けた主軸にも1年生で横尾、谷田といったスラッガーが入ってきます。早いうちに主軸を打てるようになれば、リーグの中心となるでしょう。

 立大も内野の軸、松本選手と投手の軸・小室投手が安定しており、あとは周りを固められるか。立大は早慶明法よりは選手補強が薄いのでそれ次第、投手では岡部投手、野手では我如古選手の活躍次第でしょうか。

 法大は野手の多木と投手の三嶋ですが、三嶋投手は155kmは魅力も痛打される場面も見られ、特に先発としては不安が大きいです。2年生・石田投手や他の投手が出てくるかに注目したいですね。

 前季優勝の明大はエース野村祐輔の穴を埋められるかでしょう。岡投手が台頭し山崎投手がどれだけ投げられるかに期待です。野手は特に1年生に素晴らしい補強をしており、早々たるメンバーが揃っています。その中で花咲徳栄出身の大塚内野手は、上本選手がショートへコンバートすることで空くセカンドのレギュラーを獲りそうです。

 昨年、斎藤、大石、福井の抜けた早大は苦しんだものの、高梨投手が成長しました。期待の有原投手の成長と、日大三優勝エースの1年生・吉永投手に期待が集まります。野手でも杉山、地引といった選手もいますが、道端、丸子選手などがいきなり主軸を撃つかもしれません。

 東大は145km・井坂投手がケガから復活を見せるかに注目したいです。東大から横浜ベイスターズへ入った松家卓弘投手(現・北海道日本ハム)の再来なるか!

東京六大学注目の選手一覧

リーグ大学選手守備特徴短評評価
東京
六大学
明治
大学
上本崇司二塁手4年 170cm70kg 右右広陵高時からプロ注目、50m5.9秒の俊足と守備魅力B
中嶋啓喜外野手3年 180cm80kg 右右2年生で4番、昨秋は2本塁打16打点。
正確な送球でランナーを刺すなどプロ注目の外野手
A
岡大海投手3年 185cm82kg 右右3年でブレークし152kmマーク。14回2/3で防御率0.00A
山崎福也投手2年 186cm85kg 左左日大三時代から注目の186cmの大型左腕
昨秋初勝利を挙げる
B
糸原健斗内野手2年 175cm73kg 右左開星高時にプロ注目内野手、ブレークを期待!B
大塚健太朗内野手1年 168cm70kg 右左ルーキーながらオープン戦で活躍!守備と俊足に注目B
海部大斗外野手1年 180cm80kg 右左履正社でプロ注目、天性の打撃センスで出場も早いかB
石井元内野手1年 181cm78kg 右右履正社では130mを越える特大弾も放ったスラッガーB
高山俊外野手1年 181cm84kg 右左日大三で優勝メンバー
俊足強打はプロ志望すれば指名確実と言われた
B
宮内和也内野手1年 171cm68kg 右右習志野高で甲子園でホームスチールを決めた
全日本でも俊足と守備を見せた。
B
早稲田
大学
佐々木孝樹外野手4年 181cm75kg 右左50m5.8秒の俊足を生かすために打撃の確実性を挙げたいB
高梨雄平投手2年 176cm74kg 左左昨秋5勝1敗を挙げエースの活躍を見せた。
143kmのキレのあるストレート。
B
横山貴明投手3年 180cm79kg 右右聖光学院でプロ注目。
血行障害で昨秋は出場無しもキレの有る速球で復活期待
C
有原航平投手2年 187cm93kg 右右広陵高時から注目
150km越えるストレートでエース候補も昨秋は1勝2敗
A
吉永健太朗投手1年 182cm80kg 右右日大三で昨夏の甲子園優勝投手、全日本でもエース。
150kmのストレートと沈む球はドラフト1位候補の評価だった
道端俊輔捕手1年 175cm82kg 右右智弁和歌山で昨夏の甲子園で活躍、全日本でもプレーした。
2塁1.9秒のスローイングに注目
B
丸子達也内野手1年 187cm93kg 左左超大型スラッガーとして高校1年からプロ注目
高校通算45本塁打
B
立教
大学
松本幸一郎内野手4年 178cm78kg 右左俊足巧打堅守でプロからも即戦力の評価B
小室正人投手4年 172cm70kg 左左リーグ通算11勝4敗の立大のエース。
140kmストレートにカーブ魅力の左腕
A
岡部賢也投手4年 182cm86kg 右右立教新座出身で149kmマークの力のある投手。
最終学年で活躍見せたい。
B
我如古盛次内野手2年 170cm70kg 右右興南時代、強打と俊足で注目された選手。B
法政
大学
多木裕史内野手4年 178cm74kg 右左リーグ通算84安打で100安打をねらう巧打者。B
三嶋一輝投手4年 176cm75kg 右両最速155kmをマークの速球派。
抑えで実績があるが先発としての活躍ができるか注目
B
西浦直亨内野手3年 178cm73kg 右右天理出身のスラッガー。
リーグ戦でホームラン無しもオープン戦で場外弾2本!
B
石田健大投手2年 179cm77kg 左左広島工時代も注目
オープン戦で145km記録し先発候補の左腕
A
森本隼平外野手2年 180cm79kg 右左中京大中京では投手として145kmも大学では外野手
昨秋はケガも期待の選手
B
伊藤諒介内野手2年 172cm78kg 右左高校通算94本塁打のスラッガー。
大学リーグ戦でも2本塁打をマーク
A
堅田裕太投手1年 174cm75kg 左左関西高ではプロ注目の左腕B
畔上翔外野手1年 178cm82kg 左左日大三で全国制覇のキャプテン。
強打と堅実な守備は大学でも即戦力
A
慶應義塾
大学
福谷浩司投手4年 183cm95kg 右右150kmを超す重いストレートで抑えではプロ即戦力の評価
先発で活躍を
竹内大助投手4年 176cm82kg 左左通算17勝の左腕
体重を6kg増やし球威を増してプロ入りを狙う。
B
田村圭投手4年 185cm86kg 左左力道山の孫として高校時から注目
大型左腕として最終学年に活躍を!
C
阿加多直樹捕手4年 182cm83kg 右左プロとの交流戦でプロから高い評価の強肩捕手
打撃も成長している
B
山崎錬内野手4年 176cm84kg 右左塾高時から活躍
チャンスに強い打撃健在でリーグ通算打点26、4本塁打
A
山形晃平投手3年 176cm78kg 右左1年時から150kmマークし抑えとして活躍の速球派A
白村明弘投手3年 187cm80kg 右左塾高時から注目で最速153kmをマーク。
大型右腕として期待が高い、活躍を!
B
横尾俊建内野手1年 176cm85kg 右右日大三で全国制覇の4番、高校通算55本塁打A
谷田成吾外野手1年 183cm86kg 右左塾高で通算73本塁打のスラッガー。A
三宮舜投手1年 173cm73kg 左左塾高出身でキレの良いストレートを投げる左腕B
川崎彩乃投手1年 155cm54kg 右右駒澤学園女子で全国女子硬式野球大会優勝C
東京
大学
井坂肇投手3年 183cm88kg 右右日比谷高出身で大学1年で145kmをマークした。
昨年は肩を痛め登板なし。
C
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 法政の河合完治はどうしているでしょうか?
    中京大中京が全国制覇したときの3番です。