清宮幸太郎

阪神は来年オフの補強に向けて、北海道日本ハムの4番・中田翔選手の調査を行う事が報じられた。ドラフト会議では清宮幸太郎選手の獲得も目指し、強力打線作りをさらに進めていく。

阪神より戦力外となり、自由契約または任意引退をした選手の進路をまとめます。

阪神が獲得確実とみられていた、インディアンス傘下コロンバスの村田透投手が、チームに残留することが分かった。阪神首脳陣が獲得の可能性が高い事を明かしていたが、まさかの獲得失敗となった。

村田透

先日、メジャーリーグのルール5ドラフトのプロテクト選手から外れたと報じられたインディアンス3Aの村田透投手の阪神入りが有力となった。

藤浪晋太郎, 森友哉

No Image
 共にプロ野球で成長したす姿で、夢の対決が実現した。大阪桐蔭の2012年甲子園春夏連覇バッテリー、藤浪晋太郎投手と森友哉選手がオープン戦で対戦し、藤浪投手は全て153km/hを1球、157km/hを3球投げて森選手を打ち取った。

 またドラフトに大きく影響しそうな動きとして、阪神でFA宣言をしメジャー移籍を模索していた鳥谷敬選手が、チームに残留する事が分かった。チームの3番、そして遊撃手として2005年から10年連続フル試合に出場し、打線でも3番打者として軸となって ...

岩貞祐太, 田中大輝

 巨人のドラフト4位ルーキー・田中大輝投手の激励会が、地元の熊本市内のホテルで行われたが、その会に、必由館高校で1年先輩の岩貞祐太投手がサプライズで登場し、田中投手に因縁対決の申し込みをした。

 阪神が都内で拡大編成会議を開き、南球団社長、高野球団本部長、中村GMがドラフト会議の事などの話をしたようだ。

 阪神が25日、26日に東京都内で編成会議を行う予定があると、南球団社長が示唆した。来年の編成について早くもいろいろと情報が飛び交う阪神、ドラフト会議での補強についても和田監督など現場サイドと意見交換をする予定。

大谷翔平, 藤浪晋太郎

 プロ野球は、新たな時代に入ったのかもしれない。そう思わせるのが北海道日本ハム・大谷翔平投手と阪神の藤浪晋太郎投手だ。この日は大谷投手が160km/hを、また藤浪晋太郎投手は156km/hを記録しそれぞれ勝利投手となった。

スポンサーリンク
PAGE TOP