履正社高, 山口裕次郎

No Image
履正社高校は先発に山口裕次郎投手を持ってきた。山口投手は145キロの速球を投げ、大阪大会でも寺島投手と半々で先発し勝ち上がってきていた。

履正社高, 寺島成輝

No Image
履正社は先発したプロ注目の山口裕次郎投手が初回に2点を失い、2回も1アウト1,2塁となったところで寺島成輝投手がマウンドに上った。しかし140キロ前後の速球を打たれてこの回3失点した。4-7で敗れた試合後、進路についても答えている。

No Image
甲子園大会は10日目、3回戦4試合が行われる。第4試合では履正社が常総学院と対戦、寺島成輝投手が連投するか、もう一人のプロ注目左腕、山口裕次郎投手が先発するかが注目。いずれにしても関東を代表する左腕、鈴木昭汰投手との投げ合いとなりそうだ。

広島新庄, 堀瑞輝

No Image
広島新庄はエースの堀瑞輝投手が9回3安打1失点で完投、わずか90球で投げ終える好投を見せた。9回にこの日最速の144キロを記録するなど余力を残し、次戦の木更津総合戦で早川隆久投手と投げ合う。

花咲徳栄, 高橋昂也

樟南の浜屋将太投手との投げ合いに勝利した花咲徳栄の高橋昂也投手、11安打3失点の勝利もまだ余力を残しているようにも見えた。この試合を視察した千葉ロッテの林球団本部長も「1位候補は間違いない」と評価した。

樟南, 浜屋将太

No Image
花咲徳栄を5回までわずか1安打に抑えていた樟南の浜屋将太だったが、6回に4点を失い7回途中で降板した。143キロ左腕としてプロも注目しているが、浜屋投手は試合後にプロ志望届は「出さないです」と話した。

市和歌山, 赤羽陸

No Image
夏の甲子園大会2回戦、市和歌山は4-6で日南学園に敗れ、姿を消した。エースの145キロ右腕・赤羽陸投手が同点の6回から登板したものの2失点した。赤羽投手は試合後にプロ志望を表明した。

常総学院, 東邦高, 鈴木昭汰, 藤嶋健人

No Image
東邦高校はエースの藤嶋健人投手がこの夏の甲子園で初登板をしたものの3回途中で4失点し降板した、しかしチームは9回に驚異の逆転劇を見せ、3回戦に勝ち進んだ。

横浜高, 公家響, 石川達也, 村田雄大

No Image
今年の横浜高校は3年生に藤平尚真投手と石川達也投手の左右のエースがおり、4番の長距離砲・村田雄大選手や主将で神奈川大会3本塁打の公家響選手など注目選手が目白押しだった。甲子園で敗れ進路が注目されるが、石川達也投手はプロ志望を表明した。

今井順之助, 中京高

No Image
高校通算68本塁打を記録し、夏の甲子園注目のスラッガーだった今井順之助選手が、甲子園ではホームラン0本で姿を消した。

スポンサーリンク
PAGE TOP