No Image
第100回全国高校野球選手権大会は、ベスト4が対戦します。注目選手をまとめます。

No Image
夏の甲子園第100回大会はのドラフト番付です。ベスト4時点

大阪桐蔭, 横川凱, 小園海斗, 藤原恭大, 根尾昂, 柿木蓮, 渡邉勇太朗, 吉田輝星

No Image
この夏の甲子園は、全チームが出場した後も、特に大阪桐蔭の試合を中心に多くの球団の幹部クラスが視察を行ったが、大阪桐蔭の藤原恭大選手、根尾昂選手の打撃をチェックするだけでなく、大阪桐蔭の他の投手の投球を見たかったという理由もある。

星稜高, 奥川恭伸

No Image
この夏の甲子園で150キロを記録した星稜2年の奥川恭伸投手は、「常に145キロ以上を越える」投球を目指し、来年のドラフト会議で「1位か2位までに入りたい」と話した。

大阪桐蔭, 藤原恭大, 根尾昂

大阪桐蔭の根尾昂選手、藤原恭大選手が、この日の浦和学院戦で、ドラフト上位候補の渡邉勇太朗投手からアベックホームランを放ち、藤原選手は1試合2発も記録した。プロ各球団は異例ともいえる、準々決勝でのスカウトトップクラスの視察を行った。

報徳学園, 小園海斗

No Image
済美に敗れた報徳学園の小園海斗選手、進路について「今は何も考えてないです」と話したが、「走攻守の全てで球場を沸かせられるような選手になって、ここに帰ってきたい」と話し、プロでの活躍を誓った。

浦和学院, 渡邉勇太朗, 蛭間拓哉

大阪桐蔭に敗れた浦和学院、プロ注目の渡邉勇太朗投手と蛭間拓哉選手がプロ志望を明らかにした。監督と相談しながらプロ志望届の提出の決断をする。

近江高, 北村恵吾, 有馬諒, 林優樹

No Image
またも甲子園全体の応援が、高校生を飲み込んだ。9回まで2-1とリードしていた近江が、ノーアウト満塁のピンチから2ランスクイズで逆転負けをした。

No Image
第100回全国高校野球選手権大会は、いよいよ準々決勝となりました。対戦カードと注目選手です。

スポンサーリンク
PAGE TOP