聖光学院・園部聡選手が初戦で初球を通算56号ホームラン、巨人、東北楽天、千葉ロッテ、福岡ソフトバンク、広島など5球団が視察

聖光学院, 園部聡

 高校野球福島大会では聖光学院が出陣した。

 4番ファーストで出場したプロ注目のスラッガー・園部聡選手は、初回ノーアウト満塁の場面で打席が回ると、初球を振りぬいてレフトスタンドに叩き込んだ。圧巻のこの夏初打席初球の本塁打だった。これで通算56号となり、昨年の北海道日本ハムドラフト1位・大谷翔平選手に並んだ。園部選手は「うれしいです」と話したものの、目標はそこではなさそうだ。

 この日は巨人、広島など5球団が視察、広島の近藤芳久スカウトは「パワーがある右の打者は少ないから魅力ある。練習試合では打たなかったのに、いいところで打つよね。そういうのも大事だよ」と話すと、巨人・榑松スカウトも「ミート力に加えてパワーもある。長打力は特Aです。」と最上ランクをつけていた。

 1年生からコンスタントにホームランを打ち続け、練習試合や力に差のあるチームからだけでなく、昨年の夏の甲子園や今春のセンバツなど大舞台でもホームランを打てる。本当のスラッガーとしてドラフトでは上位指名となりそうだ。

 この夏の初打席。園部は迷わず初球の直球を振り抜いた。初回無死満塁。小雨の中をライナー性の打球が伸びていき、左中間スタンドに突き刺さった。大歓声にも顔色一つ変えず、ダイヤモンドを一周。「初球から打とうと狙っていた。入るとは思わなかった。ラッキーです」と笑みをこぼした。

 高校通算56号。同じ東北の花巻東出身の二刀流ルーキー大谷の数字に並んだ。「数字はまったく意識していない」としながらも、「(並べたことは)うれしいです」とはにかんだ。1年秋から4番に座り、昨夏甲子園でも浦和学院(埼玉)との2回戦でバックスクリーンに弾丸ライナーを叩き込んだ。今春も鳴門(徳島)との3回戦で甲子園2季連続となるバックスクリーン弾を放ち、一躍全国区になった。

スタンドでは巨人、広島など5球団のスカウトが聖光学院・園部の打撃に熱視線を送った。

 練習試合から園部をチェックしている広島・近藤芳久スカウトは「パワーがある右の打者は少ないから、魅力ある。(視察した)練習試合では打たなかったのに、いいところで打つよね。そういうのも大事だよ」と高く評価していた。

福島大会では2回戦で聖光学院が郡山商に10―0で5回コールド勝ちし、県内公式戦連勝を87に伸ばした。プロ注目のスラッガー・園部聡一塁手(3年)が初回無死満塁で初球を打ち、左中間への満塁本塁打を放った。巨人、楽天、ソフトバンク、ロッテ、広島の5球団のスカウトが見守る中、日本ハム・大谷翔平(19)に並ぶ高校通算56本塁打とした。7連覇に向け快勝発進となった。青森大会では青森が第5シードの大湊に9―4で勝利し、3回戦に進んだ。秋田大会では2年連続17度目の甲子園を目指す秋田商が2―0で西目を下し、好スタートを切った。


PAGE TOP