大阪桐蔭・森友哉捕手に巨人、阪神、埼玉西武など7球団が視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球では今シーズンの練習試合が解禁され、各地で球春が到来した。センバツ大会で甲子園3連覇を狙う大阪桐蔭は桜宮高校と対戦すると、ドラフト1位候補の森友哉捕手が高校通算24本塁打など5打数4安打4打点の大活躍を見せ、12-4で勝利した。

 森選手は1回ノーアウト1,2塁から先制となるタイムリーヒットを放つと、2回には1アウト2塁からライトスタンドに推定110mのホームランを放った。その後も2本の2ベースヒットを放ち、打撃の天才ぶりをいきなり見せた。

 スタンドには巨人、阪神、埼玉西武など7球団8人のスカウトが訪れ、巨人・益田スカウトは「雰囲気がある。すごいというしかない」と話すと、昨年、大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手を担当しドラフト1位で獲得した阪神の畑山スカウトは、2回のホームランボールを走って追いかけ手に入れ、「これも運命だな」と話し、森友哉捕手獲得の強い気持ちを示して見せた。

 森選手はホームランについて「センター方向に打とうと思ったのに引っ張ってしまって」と反省をしていたらしいが、やっぱり打撃については天才的なものがある。昨年のセンバツは準決勝の健大高崎戦で1本塁打、夏の甲子園では済々黌戦と天理戦で2本、天理戦のホームランはバックスクリーンへの特大弾だった。18U世界選手権の代表としても台湾戦でランニングホームランを放つなど、2年生で唯一選出されて大活躍を見せた。

 もちろん捕手としてのセンスも高い。甲子園では5度盗塁を刺す強肩を見せており、藤浪晋太郎投手、沢田圭佑投手をリードして春夏連覇を果たしている。18Uではキャッチングミスを見せるなど、課題もある。

 既に、阪神がドラフト1位指名をする可能性が高く、中日、埼玉西武の森友哉捕手を1位指名すると考える。このままの活躍を見せれば、ドラフト1位重複は間違い無さそうだ。

 対戦相手の桜宮高校はバスケ部員が自殺した問題で全部活動が停止になっていたが、2月6日に練習を再開した。プロ注目の144km/h右腕・藤岡大士選手は2回途中まで投げて5失点で降板した。4日前に握力が10kgに低下するアクシデントがあったといい、心配される。

 

  第85回記念選抜高校野球大会(22日開幕、甲子園)で史上初の甲子園大会3季連続制覇を狙う大阪桐蔭が高校硬式野球部の対外試合解禁となった8日、桜宮(大阪)と大阪府大東市で練習試合を行った。今秋ドラフト1位候補の大阪桐蔭・森友哉捕手(3年)が2回に高校通算24本目となる右越え本塁打を放つなど4安打4打点。チームも12―4で大勝した。

   絶対エース、藤浪(阪神)はもういない。ならば、再び頂点を獲るには打ち勝つしかない。大阪桐蔭が今季初の対外試合で16安打12得点。火付け役は主将の森友だった。

   「中堅から逆方向へ打ちたかったけど、引っ張ってしまった。完璧に捉えていない」

   2回1死二塁で右翼席に放った高校通算24号を納得のいかない表情で振り返った。巨人、阪神、西武など国内7球団のスカウトが視察する中、5打数4安打4打点。試合後は「自信が少しずつ出てきた。甲子園ではいい結果を出せる実感はある。春夏春(の優勝)を狙えるのは大阪桐蔭だけ」と手応えを口にした。

高校野球の対外試合解禁  - スポーツ報知:2013/3/9

 ◆大阪桐蔭・森右越え24号

  大阪・大東市内で桜宮(大阪)と対戦し12―4で勝利した。今秋ドラフト1位候補の森友哉捕手(新3年)が2回1死二塁、推定飛距離110メートルの右越え2ランを放った。7球団のスカウトが見守る中での高校通算24号。史上初の3季連続Vを狙う主将は「まだ完璧にとらえられていません」と言いながらも手応えを感じた様子だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 今年の補強は、捕手です。 巨人は、ドラフトで、大阪桐陰森を指名してください。 桐光学園松井裕樹投手もいいけど 巨人の補強ポイント捕手を指名したほうがいいです。 大阪桐陰森捕手を1位指名 し、外れ1位指名は 日本生命小林捕手を指名してください。 巨人にはポスト阿部獲り… 大阪桐陰森捕手、日本生命小林捕手の指名が必要です。 スカウトの皆さんお願いします。